FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は米国経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは米景気回復への期待から3日続伸し、前日比+73.11ドルの12391.25ドルと52週高値更新で引けました。

さて、来週はまず、G20財務相・中銀総裁会議後の週明けの動きを見ていきたいです。
今週は後半ドル売りが進みましたが、来週ドル円は83円を維持できるのかどうか、また、昨日一時1.37ドルを越えてきたユーロドルが来週は1.37ドル台半ばを越え2日の高値1.3861ドルを目指すのか、クロス円も堅調となり今週の高値を越えてくるのかなど注視したいです。

来週の政策金利関連は、23日にBOE議事録が予定されています。
来週の主な経済指標等は、21日に独・2月IFO景況指数、22日に加・12月小売売上高、米・12月S&P/ケース・シラー住宅価格指数、米・2月消費者信頼感指数、23日に米・1月中古住宅販売件数、24日に米・1月耐久財受注、米・新規失業保険申請件数、米・1月新築住宅販売件数、25日に日・1月全国消費者物価指数、英・第4四半期GDP・速報値、米・第4四半期GDP・改定値、米・第4四半期個人消費・改定値、米・2月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値、独・2月消費者物価指数・速報値などの発表が予定されています。
また、来週21日はプレジデンツデーにより米国市場は休場、あ22日に2年債350億ドル、23日に5年債350億ドル、24日に7年債290億ドルの総額990億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

昨日は、NYダウは米景気回復への期待から3日続伸し2008年6月以来の高値を維持、為替はビ-ニ・スマギECB理事が「必要に応じて利上げを行う用意がある」など発言したためユーロが大幅上昇し、ユーロドルは一時1.3714ドルの高値をつけました。一方ドルは軟調で、対ポンドで1.6262ドル、対オージーで1.0157ドル、対スイスフランで0.9436ドルまで売られ、対円では小動きだったものの一時83.02円の安値をつけました。
来週はとりあえずG20後の流れに注目、今週後半のドル売りの流れが継続するのかどうかを見たいです。
では、来週も頑張っていきましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、ポンド円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替