FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

今日はユーロドルが下窓を開け1.3587ドルでオープン、クロス円も弱い動きでユーロ円が111.41円、ポンド円が129.91円、オージー円が81.09円と下窓を開け先週末の流れを引き継ぎドル買い、円買いのスタートとなりましたが、現在はユーロドルが1.36ドル台を回復するなどドルがやや弱い流れとなっています。

今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週はまず4日の米雇用統計に注目です。1月非農業部門雇用者数は+13.0万人、1月民間部門雇用者数は+15.0万人、1月失業率は9.5%の市場予想となっています。先月発表された12月非農業部門雇用者数は市場予想+15.0万人に対し結果+10.3万人、12月民間部門雇用者数は市場予想+17.5万人に対し結果+11.3万人とどちらも予想より弱い結果、一方12月失業率は市場予想9.7%に対し結果9.4%となり予想より強い結果となりましたが、今月は米景気回復を感じさせる好結果となるかが注目されます。
また、先週末28日はエジプト情勢の緊迫化からリスク回避の動きとなりましたが、今週もリスク回避の流れが続くか注意しておきたいです。

今週の政策金利関連は、1日にRBA政策金利発表、3日にECB政策金利発表が予定されています。
1日のRBA政策金利発表では政策金利等に変更はないと思われますが、声明文で追加利上げに関して言及があるかに注目です。

その他今週の主な経済指標等は、31日にNZ・12月貿易収支、欧州 ・1月消費者物価指数・速報値、加・11月GDP、米・12月個人所得・支出、米・1月シカゴ購買部協会景気指数、1日に独・1月失業者数/1月失業率、米・1月ISM製造業景況指数、2日に米・1月ADP全国雇用者数、3日にNZ・第4四半期失業率、豪・12月貿易収支、欧州・12月小売売上高、米・新規失業保険申請件数、米・1月ISM非製造業景況指数、4日に加・1月失業率/1月雇用ネット変化などの指標発表が予定されています。

今週は週末に米雇用統計、1日のRBA政策金利発表、3日のECB政策金利発表など注目材料が多く、エジプト情勢等もあり相場の急変も予想されますので、資金管理等いつも以上に注意ながら取引したいところです。
では、今週も頑張っていきましょう!


今日は、今週も82円台を維持できるかのドル円、1.36ドル割れでスタートのユーロドル、130円付近で推移のポンド円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替