FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・1月消費者信頼感指数は、市場予想54.0に対し結果60.60と予想より強い結果となりました。
NYダウは、3Mやアメックス、J&Jなど企業決算は冴えないものとなったものの、米・1月消費者信頼感指数の好結果などから底堅く推移し、前日比-3.33ドルの11977.19ドルで引けました。


今日はまずFOMC政策金利発表に注目です。政策金利等に変更はないと思われますが、今回から投票権を持つメンバーの変更で、今まで現状の金利に反対票を投じていたカンザスシティー地区連銀のホーニグ総裁が外れるため、今回は全会一致で決定する可能性があります。そのため米長期金利の低下からドル売りに傾くのではという思惑も出ています。また、昨年11月3日に2011年6月末まで総額6000億ドルの米国債購入が決定されましたが、声明文でその措置について何か言及があるかにも一応注意しておきたいです。
その他政策金利関連では18:30にBOE議事録の公表が予定されています。昨日の英第4四半期GDPの予想外の弱い結果を受けポンドは急落しましたが、今日も議事録の内容次第では大きく動きそうで、その内容に注目したいです。
また、明日27日日本時間5:00にはRBNZ政策金利発表が予定されています。RBNZ政策金利発表では、政策金利等には変更はないと思われます。

今日の主な経済指標等は、米・12月新築住宅販売件数も発表が予定されています。
また、今日は5年債350億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

昨日は、ポンドがポンドらしい急落を見せてくれました。昨日発表された英・第4四半期GDP・速報値は市場予想前期比+0.5%に対し結果前期比-0.5%と予想外の弱い結果となり、ポンドは大きく売られました。ポンドドルは発表直前の1.59ドル台前半から1.5750ドルまで急落、ポンド円も発表直前131円台前半から129.80円まで急落し、NY時間には129.64円の安値をつけました。また、昨日は米債利回りの低下からドル売りの流れとなり、ドル円はNY時間午後に一時82円割れ、ユーロドルは一時1.3703ドルまで上昇しました。

今日もドル円は82円割れ寸前の軟調な流れ、ユーロドルは1.36ドル台後半で底堅く推移するなどドルが弱い流れが続いていますが、今日もドル売りの流れからドル円は82円を明確に割ってくるか、ユーロドルはしっかり1.37ドル台へ上昇するかなど見ていきたいです。
では、今日も頑張っていきましょう!


今日は、82円台を維持できるかのドル円、1.37ドル台へ乗せてこれるかのユーロドル、129円台へと急落のポンド円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替