FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

今週も上昇となるか注目のユーロですが、対米ドルでは先週の終値1.3386ドルに対し、今日は1.3383ドルと先週末とほぼ変わらずのスタート、しかしその後はじわじわと下落し現在は1.3330ドル台で推移、対円でも110円台後半から110円台半ばへと軟調に推移しています。

今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週はまずシティ・グループ、ゴールドマン・サックス、ウェルズ・ファーゴ等米主要企業決算に注目です。今週は18日にシティ・グループ、アップル、IBM、19日にゴールドマン・サックス、ウェルズ・ファーゴ、バンク・オブ・NYメロン、20日にモルガン・スタンレー、グーグル、21日にバンク・オブ・アメリカ、ゼネラル・エレクトリック等の決算発表が予定されており、発表を受けての市場の動向には十分注意しておきたいです。
また、20日に予定されている中国主要経済指標の発表にも注意を払いたいです。

今週の政策金利関連は、18日にBOC政策金利発表が予定されており、政策金利等に変更はないと見られます。

今週の主な経済指標等は、18日に英・12月消費者物価指数、独・1月ZEW景況感調査、米・1月NY連銀製造業景気指数、米・11月対米証券投資、19日に英・12月失業保険申請件数/12月失業率、米・12月住宅着工件数/12月建設許可件数、20日にNZ・第4四半期消費者物価、米・新規失業保険申請件数、米・12月中古住宅販売件数、米・12月景気先行指数、米・1月フィラデルフィア連銀景況指数、21日にNZ・11月小売売上高指数、独・1月IFO景況指数、英・12月小売売上高指数、加・11月小売売上高などの指標発表が予定されています。なお、今日17日はキング牧師誕生日により米国市場は休場です。
また、今週は20日に10年物価連動債130億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

今週もユーロの上昇トレンドが続くのかは大いに注目したいです。ユーロドルの1.34ドル台は昨年11月下旬以来越えられないポイントとなっており、ここをしっかり抜け1.35ドル超の新たなステージに移行することができるか、それともやはり1.34ドルの壁は越えられず調整の流れとなるか、今週も慎重に見ていきたいです。
では、今週も頑張っていきましょう!


今日は、83円台へ戻してこれるかのドル円、1.33ドル台前半をサポートとできるかのユーロドル、131円台を維持できるかのポンド円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替