FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・新規失業保険申請件数は、市場予想40.0万件に対し結果40.9万件と予想より弱い結果となりました。
NYダウは、米雇用統計の発表を前に慎重姿勢で利益確定の売りが出たことや、小売各社の既存店売上高が予想より弱かったことなどから小反落、前日比-25.58ドルの11697.31ドルで引けました。

今日は、まず米国雇用統計に注目です。
今回の市場予想は、12月非農業部門雇用者数が+15.0万人、12月民間部門雇用者数は+17.5万人、12月失業率が9.7%となっています。先月は、11月非農業部門雇用者数は市場予想+15.0万人に対し結果+3.9万人、11月民間部門雇用者数は市場予想+15.8万人 に対し結果+5.0万人、そして11月失業率は市場予想9.6%に対し結果9.8%と、どれをとってみても予想外に弱い結果となりましたが、今月は市場予想の約3倍もの強い結果となった米・12月ADP全国雇用者数の結果もありますし、市場予想を上回る結果となるかが注目されます。

その他今日の主な経済指標等は、独・11月鉱工業生産、加・12月雇用ネット変化/12月失業率などの指標発表が予定されています。
また、今日はバーナンキ米FRB議長の議会証言が予定されています。バーナンキ米FRB議長の発言を受け、相場が大きく変動する可能性もありますので注意しておきたいです。

昨日はまたユーロが売られました。中国が60億ユーロ程度のスペイン国債を購入との報道で上昇する場面もありましたが、来週のポルトガル、イタリアなどの国債入札を控えユーロ売りが強まり、ユーロドルは一時1.2997ドルまで下落しました。また、この動きを受け全体的にもドル高となりました。
今日はいよいよ米雇用統計、発表後どうなるかは蓋を開けてみないとなんともいえませんが、今回は前評判は良さそうで・・・でも、期待を裏切るのが得意なのが雇用統計、そして米ドルですしね~(笑)ドル急騰・急落どちらにも動けるようイメージ作りをしておくとよいと思います。
では、今日も頑張っていきましょう!

今日は、雇用統計後84円台到達もあるのかのドル円、1.30ドル割れではなんとかサポートされるか注目のユーロドル、128円台は維持できるかのポンド円を勝手に分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替