FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・第3四半期GDP・改定値は、市場予想前期比年率+2.4%に対し結果前期比年率+2.5%と予想より強い結果、米・10月中古住宅販売件数は、市場予想448万件に対し結果443万件と予想より弱い結果となりました。
NYダウは、北朝鮮が韓国の島を砲撃したことから両国関係の悪化を懸念、また欧州信用不安の再燃などから大幅下落、前日比-142.21ドルの11036.37ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、独・11月IFO景況指数、英・第3四半期GDP・改定値、米・10月耐久財受注、米・新規失業保険申請件数、米・10月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値、米・10月新築住宅販売件数などの発表が予定されています。今日は欧米とも注目度の高い指標が多数発表されますので注意しておきたいです。
また、今日は7年債290億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

昨日は東京市場は休場、比較的穏やかな動きだったのですが午後3時過ぎてから「北朝鮮の韓国砲撃」の一報でドル円が83.84円まで上昇するなどリスク回避のドル買い・円売りが進み、その動きが落ちついたかと思えばメルケル独首相が「ユーロ圏は異例に深刻な状況下にある」など発言、ダウや原油価格の下落などリスク回避の動きも加速しユーロドルは1.34ドルを割れ1.3361ドルまで大幅下落、ユーロだけでなく他通貨でもドル買いが進みクロス円も大幅に下落、大きな動きとなりました。

今日は独・11月IFO景況指数、英・第3四半期GDP・改定値、米・10月耐久財受注、米・10月新築住宅販売件数など注目したい指標が多数発表されますが、まずは朝鮮半島の情勢やアイルランド等欧州財務問題の推移を見ていきたいです。今日は今のところ反発の円売りの流れとなっていますが、ユーロがまだ欧州財務問題を引きずり軟調な流れとなるのか、また、リスク回避の流れ継続でドルが今日も広く他通貨に対して強い流れを続けるのかなどに注目したいです。
今週は明日25日が感謝祭で米国市場は休場、26日は週末ということもあり、今週は実質今日までと考えて取引したいですね。では、今日も頑張りましょう!


今日は、83円台をなんとか維持できるかのドル円、ついに1.33ドル台まで下落のユーロドル、昨日は一時131円割れまで大幅下落のポンド円を勝手に分析します。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替