FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・10月小売売上高は市場予想前月比+0.7%に対し、結果前月比+1.2%と予想より強い結果に、除自動車は前月比+0.4%と予想通りの結果となりました。一方米・11月NY連銀製造業景気指数は、市場予想14.00に対し、結果-11.14と予想外に弱い結果となりました。
NYダウは、10月小売売上高は好結果だったものの、11月NY連銀製造業景気指数の弱い結果や量的緩和の規模が縮小されるとの懸念から上値を抑えられ、前日比+9.39ドルの11201.97ドルで引けました。

今日公表されたRBA議事録は、「引き締めはリスクバランス受けた賢明な措置」「インフレ率は中期的に徐々に上昇する傾向」などの内容、公表後オージーはやや下向きとなりましたがその値動きは限定的でした。

今日の主な経済指標等は、英・10月消費者物価指数、独・11月ZEW景況感調査、米・10月生産者物価指数、米・9月対米証券投資、米・10月鉱工業生産などの発表が予定されています。
今日は英・10月消費者物価指数、独・11月ZEW景況感調査と欧州時間に発表される重要指標に注目、特に独・11月ZEW景況感調査がユーロ売りを誘う結果とならないか、その結果には注意しておきたいです。
外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」は、今日は私が当番となっております。またお時間ございましたらご覧下さい。

昨日は、米10年債利回り上昇やポジション解消の動き、欧州債務問題などからドル買いが続き、ドル円は越えるのが難しいと思われていた83円を越え一時83.24円まで上昇、一方ユーロドルは12日の安値1.3573ドルを下抜け1.3563ドルまで下落しました。
先週はドル買い、ユーロ売りが顕著な週となりましたが、今週もまだソブリンリスクの高まりからのユーロドルの下落、米国債利回り上昇やポジション解消からのドル買いが続くのか、ドルが強い流れを維持できるのかを中心に見ていきたいです。では、今日も頑張りましょう!


今日は、83円~82円台後半を維持できるかのドル円、今日も安値を更新する動きとなるかのユーロドル、134円台への上昇あるかのポンド円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替