FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

週明けの為替の動きは、ドル円が小動きながらもじりじりと上値を目指す流れ、注目のユーロドルも下値を切り上げる動きとなっておりここから1.37ドルをサポートとする動きとなるかが気になります。クロス円もドル円が堅調に推移し、ストレートでもドル売り~横ばいとなっているため、全体的に底堅く推移しています。しかしどの通貨もそう大きな流れは出ていません。

今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週は経済指標の発表が多く、米・10月小売売上高などの米国経済指標、独・11月ZEW景況感調査や英・10月消費者物価指数、英・10月小売売上高指数など欧州の指標にも注目したい週です。 ドル円が今週も堅調に推移できるのかも気になりますが、ソブリンリスクの高まりからユーロドルが引き続き下を目指す流れとなるのかに最も注目しています。

今週の政策金利関連は、16日にRBA議事録、17日にBOE議事録の公表が予定されています。今月2日にサプライズ利上げを行ったRBAですが、その議事詳細に注目したいです。

今週の主な経済指標等は、15日に米・10月小売売上高、米・11月NY連銀製造業景気指数、16日に英・10月消費者物価指数、独・11月ZEW景況感調査、米・10月生産者物価指数、米・9月対米証券投資、米・10月鉱工業生産、17日に英・10月失業率/10月失業保険申請件数、米・10月消費者物価指数、米・10月住宅着工件数/10月建設許可件数、18日に英・10月小売売上高指数、米・新規失業保険申請件数、米・11月フィラデルフィア連銀景況指数などの発表が予定されています。
今日一番の注目は米・10月小売売上高で、市場予想は前月比+0.7%となっています。米・11月NY連銀製造業景気指数は市場予想14.00です。
また、週末19日にはバーナンキFRB議長の講演、18・19日にトリシェECB総裁の講演が予定されています。

先週はドル買い、ユーロ売りが顕著な週となりましたが、今週もソブリンリスクの高まりからユーロドルは弱い流れが続くのか、ドル円は83円台へ乗せてくる上昇となるのか、ドルが強い流れを維持できるのかを中心に見ていきたいです。では、今週も頑張りましょう!


今日は、82円台後半で堅調推移のドル円、今週も軟調に推移するのか注目のユーロドル、133円台を維持できるかのポンド円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替