FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

週明けの今日は、朝7時台にドル円が80.23円まで下落、その後介入か!と思われる動きでドル円は81円台ミドルまで急上昇、クロス円も大幅上昇となりました。しかしその先の伸びはなく、現在ドル円は80.60円~80.70円での動きとなっています。朝の急騰は介入ではなく、AIによる自動ヘッジのバグなどの見方がされています。

今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週はFOMC政策金利発表・米雇用統計をはじめとして、注目材料が目白押しです。
政策金利関連では2日にRBA政策金利発表、3日にFOMC政策金利発表、4日にBOE政策金利発表、ECB政策金利発表、そして5日に狙ったように日銀政策金利発表と各国発表が続きますし、指標も米雇用統計をはじめとして米・10月ISM製造業景況指数、米・10月ISM非製造業景況指数、豪・9月小売売上高、加雇用統計など続々と発表されます。米中間選挙後の米株の流れにも注意しておきたいです。
ここまでずいぶんドル売りが進みましたが、FOMC後また一段とドルが弱い流れが続くのか、それとも反転のきっかけとなるのか、重要イベントを終えた後の各通貨にしっかりした流れが出てくるかを慎重に見ていきたいです。
ドル円は今日も一時80.23円とまた15年ぶりの安値を更新してしまいましたが、ついに今週79.75円の史上最安値を更新してくるのかどうかに注目です。

政策金利関連では、2日にRBA政策金利発表、3日にFOMC政策金利発表、4日にBOE政策金利発表、ECB政策金利発表、5日に日銀政策金利発表が予定されています。
2日のRBA政策金利発表は据え置き予想が多数なようですが、利上げ予想も少なくはなくサプライズ利上げがあるかどうか、その結果に注目です。また、3日のFOMC政策金利発表は今週最大の注目材料で、追加緩和策実施については確定的となっていますが、その規模に注目が集まっています。5000億ドルが市場予想の中心だということですが、果たしてどのような策がなされるでしょうか。

今週の主な経済指標等は、1日に豪・第3四半期住宅価格指数、米.9月個人所得/9月個人消費支出、米・10月ISM製造業景況指数、3日に豪・9月住宅建設許可件数、米・10月ADP全国雇用者数、米・10月ISM非製造業景況指数、4日にNZ・第3四半期失業率、豪・9月貿易収支、豪・9月小売売上高、米・新規失業保険申請件数、5日に英・10月生産者物価指数、欧州・9月小売売上高、加・10月失業率/10月雇用ネット変化、米・10月失業率/10月非農業部門雇用者数、米・9月中古住宅販売保留などの発表が予定されています。

とにかく今週は注目材料が目白押しで、今日すでに乱高下しましたがこれからも大荒れしてくるかもしれません。資金管理はいつも以上に慎重にし、この重要週頑張っていきましょう!


今日は、再び下を目指すのかのドル円、1.4ドル台へ上昇なるかのユーロドル、130円台へ戻れるかのポンド円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替