FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・9月NY連銀製造業景気指数は、市場予想8.00に対し、結果4.10と予想より弱い結果に、米・8月鉱工業生産は、前月比+0.2%と予想通りの結果になりました。
NYダウは、指標結果は弱かったものの底堅く推移し、終値は前日比+46.24ドルの10572.73ドルで引けました。

今日6:00のRBNZ政策金利発表では、政策金利は市場予想通り3.00%で据え置きとなりました。ボラードRBNZ総裁は声明で「6月から経済見通しは弱まった」「地震により、7-9月期GDPは0.3%ポイント下押しする公算がある」などの見解を示し、NZDは発表後売られました。

今日の政策金利関連は、日本時間21:00にSNB政策金利発表が予定されています。
政策金利は据え置きの予想となっていますが、その声明の内容が強いものとなるかに注目です。
今日の主な経済指標等は、英・8月小売売上高指数、米・8月生産者物価指数、米・新規失業保険申請件数、米・7月対米証券投資、米・9月フィラデルフィア連銀景況指数などの発表が予定されています。
米・新規失業保険申請件数は45.9万件、米・7月対米証券投資は+475億USD、米・9月フィラデルフィア連銀景況指数は0.5の予想となっています。

昨日は東京午前に6年半ぶりに為替介入が実施され、午前11時頃野田財務相から「為替市場で、円売り介入を実施した」「10時35分に介入実施」「日本による単独介入」等の発表がありました。
円売り介入は欧州市場、NY市場でも続けられ、ドル円は85.76円、ユーロ円は111.61円、ポンド円は134.06円、オージー円は80.62円、NZ円は62.98円、カナダ円は83.60円までと、いずれも大幅に上昇しました。

早速この介入に欧米から反対のコメントも出ていますが、このレベルでの介入はバランス的に当然でしょうし、やると踏み切ったからには、効果が持続するよう躊躇せず続けていただきたいと思います。
今日は円高方向に動いていますが、当局も「必要とあれば今日16日にも介入継続」との見解ですし、今日も神経質な展開となりそうです。介入にはもちろん注意ですが、米・新規失業保険申請件数、7月対米証券投資、9月フィラデルフィア連銀景況指数の指標結果や株価にも注意しながら、今日も頑張りましょう!


今日は、ドル円、ユーロドル、ポンド円を勝手に分析します。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替