FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は主な経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは、昨日のウォールストリート・ジャーナルの記事から欧州金融不安が再燃したことなどにより100ドルを越える下落となり、前営業日比-107.24ドルの10340.69ドルで引けました。

今日の政策金利関連は、22:00にBOC政策金利発表が予定されています。今回、政策金利は0.25%利上げし1.00%となるとの市場予想となっています。まず今回利上げがあるかどうか、そして今後の見通しにも注目です。
また、日本時間9日3:00には、ベージュブックの公表が予定されています。

今日の主な経済指標等は、英・7月鉱工業生産、独・7月鉱工業生産などが予定されています。
また、今週は、今日8日に10年債210億ドル、9日に30年債130億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

昨日は「ユーロ圏ストレステストで、一部銀行はソブリン債の保有高を実態よりも少なく申告していた」などの米ウォールストリート・ジャーナル電子版の報道を受けユーロが大幅に売られ、リスク回避の動きとなりました。ユーロドルは報道後ずるずると下落しNY時間には一時1.677ドルまで下落しました。
欧州金融不安再燃のリスク回避の流れに加え、RBA政策金利発表後の声明が追加利上げを示唆する内容でなかったこと、白川総裁の会見での「当局が為替市場を自在にコントロールできるわけではない」など、円高阻止への本気度が疑われる発言から、市場は円買いが加速、ドル円はNY時間に8月24日の安値83.58円を下回り83.51円まで15年ぶりの安値を更新しました。

ドル円は今日も83.60円台と軟調で、今日もまた下攻めし昨日付けた年初来安値83.51円を下回ってくるのか(先ほど83.34円まで下回りました・・・)、ユーロドルも1.26ドルを目指し下落を続けるのかなど、リスク回避の流れ継続となるかを注視していきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、早く84円台へ戻っておきたいドル円、1.26ドル台後半で踏みとどまることができるかのユーロドルを勝手に分析、あと、現在行っているアンケートの途中経過をご報告します。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替