FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・8月ADP雇用者数は、市場予想+1.5万人に対し、結果-1.0万人と予想より弱い結果に、一方米・8月ISM製造業景況指数は市場予想52.7に対し結果56.3と予想より強い結果となりました。
NYダウは、米・8月ISM製造業景況指数の予想外の好結果を好感し200ドルを超える大幅上昇となり、終値は前日比+254.75ドルの10269.47ドルで引けました。

今日先ほど発表された豪・7月貿易収支は、市場予想31億豪ドルの黒字に対し、結果18.88億豪ドルの黒字と予想より黒字幅縮小となりました。この結果にオージーは発表後売られ、対米ドルでは0.9058ドル、対円では76.21円までの下落となっています。

今日の政策金利関連は、20:45にECB政策金利発表、21:30にトリシェECB総裁の記者会見が予定されています。政策金利等に変更はないと思われますが、トリシェECB総裁の会見には注意しておきたいです。
また、今日の主な経済指標等は米・新規失業保険申請件数、米・7月中古住宅販売保留などの発表が予定されています。
米・新規失業保険申請件数は、市場予想47.5万件となっています。昨日米・8月ADP雇用者数は弱い結果でしたが、米雇用統計を明日に控え、新規失業保険申請件数が予想より改善してくるか、やはり弱い結果なのか、注意しておきたいです。

昨日は豪・第2四半期GDPや中国の指標が好結果だったためリスク回避の流れから反転し、全体的に円売り・ドル売りが進みました。NY時間は米・8月ADP雇用者数の結果は予想を下回ったものの、米・8月ISM製造業景況指数が予想外の好結果だったためNYダウが終値前日比+254.75ドルの上昇をし、為替相場もリスク選好の円売りの流れとなりました。
今日は米雇用統計を明日に控え米・新規失業保険申請件数に注目、現在84-84.5円のレンジ内のドル円が動いてくるのか、米雇用統計を控え不安定な値動き続く中、今日も慎重に短時間のトレードを心がけたいです。


今日は、上値重く引き続き年初来安値83.58円が意識されるドル円、1.28ドル台半ばまで上昇したユーロドル、130円付近を維持できるかのポンド円を勝手に分析します。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替