FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は各国とも経済指標の発表はありませんでした。
NYダウはキャタピラーの好決算を好感したものの、金融規制改革法案の規制を受け金融株が軟調に推移、また米政府が保有中のシティの株式を売却することが発表されたことなど強弱材料入り混じり、終値は前営業日比+0.75ドルの11205.03ドルとほぼ変わらずで引けました。

今日の主な経済指標ですが、米・2月S&P/ケース・シラー住宅価格指数、米・4月消費者信頼感指数などの発表が予定されています。また、23:00にはバーナンキ米FRB議長の議会証言、23:15にトリシェECB総裁講演、28:30にカーニーBOC総裁議会証言が予定されていますので、要人発言には注意しておきたいです。

今日はデュポン、3M等米主要企業の第1四半期決算発表が予定されていますので、決算発表を受けての株価の急変動による影響には一応注意を払っておきたいです。今週は今日27日に2年債440億ドル、28日に5年債420億ドル、29日に7年債320億ドルの米国債入札も予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

昨日は円安スタートで、全体的に円安方向に推移していましたが、NY市場ではじわじわと円高方向へ進み今日もその流れが継続しています。
その中でユーロは昨日もギリシャ問題に揺れました。ユーロドルは欧州時間に独財務相の「独はギリシャ支援について決定していない」などの発言で1.3291ドルまで下落、しかしメルケル独首相が日本時間午後10時にギリシャについて声明を発表する予定だという報道が流れると1.3345ドルまで上昇、しかしメルケル独首相が「ギリシャは持続可能な財政への道筋を見せる必要」「IMF合意までは支援について決定しない」など不透明な発言をしたためまた1.33ドル割れまで売られるも、ユーロポンドの買い戻しなどでユーロ買いが活発化したことにより日本時間早朝には1.34ドル台へ戻す上昇となりました。ユーロに関しては今日も政府高官の発言等で突発的な動きをするおそれがありますので、取引の際は注意しておきたいです。

今日はじわじわ円高方向へ動いていますが、流れ変わりやすい中引き続き油断せず、短期で対応したいです。では、今日も頑張りましょう!


今日は、94円割れのドル円、1.34ドルで上値を抑えられるユーロドル、146円を前に失速のポンド円を勝手に分析します。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替