FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日、今注目されているゴールドマン・サックスが発表した第1四半期の決算は、事前予想1株当たり4.143ドルの利益に対し、結果1株当たり5.59ドルの利益と好決算となりました。ヤフー、アップルも予想を上回る好決算となっています。
NYダウは、決算発表銘柄はあまり振るわなかったものの、アイスランドの火山噴火による航空規制が一部解除されたことを受けて原油価格が上昇したことによりエネルギー関連が好調だったことなどにより小幅上昇し、前日比+25.01ドルの11117.06ドルで引けました。

昨日のBOC政策金利発表では、予想通り政策金利は据え置きでした。しかし声明で「7月まで政策金利を0.25%に維持する方針を解除」「金融政策から景気刺激を解除し始めることは適切」などの見解を示したことで、早期利上げ観測が高まりカナダドルは大きく上昇、ドルカナダはパリティを割れ0.9970CADまで下落、カナダ円は93.59円まで上昇しました。

今日の政策金利関連では、17:30にBOE議事録の公表が予定されています。
また、今日の主な経済指標ですが、英・3月失業率/3月失業保険申請件数などの発表が予定されています。
また、先週から米主要企業の決算発表が本格化しており、今日は日本時間21:00にモルガン・スタンレー、ウェルズ・ファーゴ、その他ボーイング、マクドナルドなどの決算発表が予定されています。決算発表を受けての急変動には一応注意を払っておきたいです。

昨日は先ほども書きましたが、カナダドルの急騰来ましたね~。ドルカナダは再びパリティ割れ、このトレンドが今度は続くかに注目です。オージーも昨日は気持ちよい上昇でした。対照的にユーロドルは東京・欧州時間に1.35ドル台に乗せたもののNYでは冴えない流れとなりました。このオージー・カナダドルとユーロ・ポンドの乖離した動きは、まだしばらく続くのかもしれません。
そしてドル円は昨日93円台へ乗せてきましたが、今日もドル円はじわりじわりと上昇し結果全体的に円安は進むのか、オージー・カナダは買われる中ユーロは売られユーロドルは1.34ドル割れとなってくるのかなどを見ながら、今日も頑張りたいと思います。

今日は、93円台を維持しながら昨日の高値を超えていけるかのドル円、1.34ドル台をなんとか維持できるかのユーロドルをGFTチャートを使い分析します。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替