FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・3月ISM非製造業景況指数は、市場予想54.0に対し結果55.4と予想より強い結果となりました。また、米・2月中古住宅販売保留も、市場予想前月比±0%に対し結果前月比+8.2%と予想より強い結果となりました。
NYダウは、3月ISM非製造業景況指数や2月中古住宅販売保留の好結果や、原油価格の上昇でエネルギー関連株が買われるなどで上昇、前営業日比+46.48ドルの10973.55ドルで引けました。


今日は13:30にRBA政策金利発表、27:00に3月16日分のFOMC議事録公表が予定されています。
RBA政策金利発表では、0.25%の利上げが行われるとの予想が多数となっています。しかし先週31日に発表された2月小売売上高など弱めの指標結果も出てきていますし、先月利上げしたばかりですし、据え置きの可能性も十分考えられ、状況は五分五分と見ておきたいです。
利上げの発表となっても材料出尽くしの売りや、声明文の見通しが弱いことによる売りも考えられ、先週大きく上昇しただけに、オージーの調整の動きには十分気を付けておきたいです。しかし、下げれば押し目買いのチャンスとも考えられますね。

また、今週は今日6日に3年債400億ドル、7日に10年債リオープン210億ドル、8日に30年債リオープン130億ドルの米国債入札が予定されていますので、入札を受けての米長期金利の動向に注意しておきたいです。
外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」は、今日は私が当番となっております。またお時間ございましたらご覧下さい。

昨日はカナダドルの上昇が目立ちました。ドルカナダは1.0084カナダドルでオープンしてから下げ続け、NY時間には1.0010カナダドルまで下落、2008年7月22日以来のパリティがもうすぐそこまで来ています。
ドル円などはロンドン市場などがイースター休暇ということもあり方向感がいまいち掴めない流れとなりましたが、今日はドル円再び上昇となるか、欧州通貨の動き、ドルカナダパリティなるかに注目、そして今日注目のオージーの動きには細心の注意を払い、うまく政策金利発表後の流れに乗れればと考えています。
※RBA政策金利発表で追記すべき事項がありましたら、追記いたします。

今日は、94円台前半で軟調な動きとなっているドル円、1.34ドル台前半まで下落してしまったユーロドル、RBA政策金利発表後の動き気になるオージー円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替