FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・第3四半期GDP・確報値は、市場予想前期比年率+2.8%に対し結果+2.2%と予想より弱い結果に、また、米・第3四半期個人消費・確報値も、市場予想前期比年率+2.9%に対し結果+2.8%と予想より弱い結果になりました。しかし、その後発表された米・11月中古住宅販売件数は、市場予想625万件に対し結果654万件となり、2007年2月以来の高水準となりました。
昨日のNYダウは、米・11月中古住宅販売件数が約3年ぶり高水準となったことをを好感、景気回復期待が高まり、前営業日比+50.79ドルの10464.93ドルで引けました。金価格は終値9.3ドル安の1トロイオンス1086.7ドルと続落、原油は反発して引けています。

今日は18:30にBOE議事録公表が予定されています。今月10日のBOE政策金利発表では、政策金利は市場予想通り0.50%で据え置き、資産買い取りプログラムも2000億ポンド規模に据え置きとなりました。まったくの予想通りの結果で特にサプライズな内容もなく、市場の反応は薄いものとなりましたし、今回の議事録もそう大きな動きにはならないのではと考えています。しかし、ポンドは昨日の第3四半期GDP・確報値が予想を下回ったことから売られ、ポンドドルはNY時間には1.6ドルを割り込む下落基調であり、今日の議事録発表後また大きく動き出す可能性もあり注意しておきたいです。

また今日の経済指標ですが、加・10月GDP、米・11月個人所得/個人支出、米・12月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値、米・11月新築住宅販売件数などの発表が予定されています。今日は米国経済指標の発表が数多くあり、特に米・11月新築住宅販売件数に注目です。予想は43.8万件となっていますが、昨日の11月中古住宅販売件数に続き今日もドル買いを助ける好結果となるでしょうか。

今日は注目材料は今週1番にある日ですが、クリスマスを控え閑散とした相場ですし日本は休日でもありますし、様子見中心でのんびりいきましょう。このドル買いがあとどれだけ続くのか、注意深く見ていきたいですね。


今日は、91.86円台まで上昇し92円台半ばまでの上昇が期待されるドル円、昨日は1.4216ドルまで下落し下げ止まらないユーロドル、昨日は約1円の値幅で小動きとなったポンド円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替