FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日のNYダウは、バークレイズがインテルの、モルガン・スタンレーがアルコアの投資判断を引き上げたことや、米医療保険制度改革法案がクリスマス前までに成立するとの期待からヘルスケア関連株に買いが入り、前営業日比+85.18ドルの10414.07ドルで引けました。金価格も1トロイオンス1096.5ドルと1100ドル割れ、原油も下落と商品市場は弱めの流れが続いています。
為替はドル買いの流れ継続、ドル円は一時91.23円まで上昇、そして対円以外でも幅広くドルは買われユーロドルは1.4265ドル、ポンドドルは1.6029ドルまで下落、そしてAUD/USDは一時0.8782ドルまで下落し0.88ドル割れとなりました。今日もドル買いが続いており、ドル円は91.48円まで上昇、対欧州通貨は昨日の安値まで下落しておりませんがAUD/USDは0.8764ドルまで下落とオージーが弱い展開となっています。

今日の経済指標ですが、英・第3四半期GDP・確報値、米・第3四半期GDP・確報値、米・第3四半期個人消費・確報値、米・11月中古住宅販売件数などの発表が予定されています。今日は米・第3四半期GDP・確報値や米・11月中古住宅販売件数と、注目したい米指標の発表が控えています。米・第3四半期GDP・確報値は前期比年率+2.8%の予想、米・11月中古住宅販売件数は625万件の予想となっていますが、ドル買いを助ける結果となるかに今晩注目です。

とはいっても、今週はクリスマスを控え閑散とした相場、薄商いで動かない、動いても変則的な動きで思わぬ損失を被る可能性もありますし、もう年内は様子見中心が安全かと思います。

今日は、91円台まで上昇、強い基調のドル円、1.43ドル台に戻せない弱含みのユーロドル、0.88ドルを割れ続落が懸念されるAUD/USDを勝手に分析です。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替