FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・11月消費者物価指数ですが、前月比+0.4%と市場予想通りの結果となりました。また、米・11月住宅着工件数も市場予想通りの57.4万件、11月建設許可件数は市場予想57.0万件に対し、結果58.4万件と予想より強い結果となりました。
今週1番の注目材料だったFOMC政策金利発表ですが、FFレートの誘導目標レンジの維持、異例の超低金利政策が長期にわたり維持される方針が発表されました。FOMC声明では、「異例の低金利政策、長期にわたり正当化する可能性が高い」「大半の資金供給措置は来年2月1日までに解除へ」などと発表され、その政策に大きな変更点はないものの、大半の資金供給措置は来年2月1日までに解除する方針が示されたことや、労働市場の下げ止まりや住宅セクターの改善の兆しなどが示され、ドル買いとなりました。
昨日のNYダウは、強弱材料出たもののほぼ横ばいの小幅下落、前営業日比-10.88ドルの10441.12ドルで引けました。

今日の経済指標ですが、英・11月小売売上高指数、加・11月消費者物価指数、米・新規失業保険申請件数、米・12月フィラデルフィア連銀景況指数などが予定されています。欧州時間は英・11月小売売上高指数に注目したいです。今回予想は+0.4%となっていますが、予想より強い結果となりポンドドルは昨日の高値を超え、レンジ抜けをしっかりしていけるかを見たいです。また、NY時間には米・12月フィラデルフィア連銀景況指数の発表が予定されています。前回は16.7という結果となっており、今回予想は16.0です。こちらも予想を上回る好結果となるかに注目です。

ドル円はなかなか90円台へ復帰できませんが、今日はユーロドルが先ほど1.45ドルを割り1.4451ドルまで下落と気になる動きをしています。今日はまたドル買いが加速していきユーロドル続落となるのか、ドル円は90円台へ定着できるのか、しっかり流れを見ていきたいと思います。


今日は、90円近辺では上値が重いドル円、さきほど1.45ドルも下抜け続落が懸念されるユーロドル、堅調にじりじり上昇のポンド円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替