FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は欧州時間にドバイの債務問題への懸念から欧州・英国株が下落、ユーロやポンドも売られ、リスク回避の動きが進みました。
バーナンキFRB議長は、昨日の講演で「米経済は尚相当の向かい風に直面している」とし、「FRBは出口戦略を慎重に考えている」「引き締め時期の判断は困難な課題」「インフレ率は現状より低下する可能性も」「失業率は来年低下も、そのペースは鈍いだろう」「自律的な回復までにはまだ道のりがある」など、米国の景気見通しに対して大変慎重な見解を示しました。その発言を受け早期利上げへの期待はしぼみドル売りが進み、ドル円は一時89.03円まで下落、ユーロドルは1.4889ドルまで上昇しました。

今日はBOC政策金利発表が予定されています。政策金利は2010年6月まで据え置くとのことですので据え置きは間違いないと思います。また、声明などで通貨高への牽制がされていますが、今回もきつい牽制があれば一時的にカナダドルが売られそうです。
今日の経済指標ですが、英・10月鉱工業生産、加・11月住宅着工件数などが予定されています。また、今日は日本時間18:25にスティーブンスRBA総裁の講演、そしてオバマ大統領の演説も予定されています。
今週は8日に3年債400億ドル、9日に10年債(リオープン)210億ドル、10日に30年債(リオープン)130億ドルの米国債入札が予定されており、今回も長期金利の推移に注意しておきたいです。

今日は先ほど政府経済対策が閣議決定され、「為替の過度の変動や無秩序な動きは景気回復に重大な悪影響を及ぼす」、「為替市場の動きを厳しく注視する」などの見解が示されましたが、ほとんど為替に影響はありませんでした。
先週末の雇用統計後の上昇とは打って変わってドル円は軟調な展開に、またドル円以外のストレートではドルが買われリスク回避の流れとなっています。昨日に続き円買い・ドル買いの流れとなりドル円は雇用統計前の88円台前半の水準、ストレートもまだドル買いが進むのか、慎重に見ていきたいです。

今日は、なんとか89円台に留まることができるのかのドル円、昨日ついに1.48ドルを割れてしまったユーロドル、弱さ目立つポンド円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替