FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・11月ADP全国雇用者数ですが、市場予想-15.0万人に対し結果-16.9万人と予想より弱い結果となりました。また、ベージュブックは、12地区中8地区連銀は改善しているとし、4地区連銀ほぼ変わらずとの報告となりました。「労働市場は引き続き軟調だが一部に回復の兆し」「商業不動産市場は非常に弱く、多くの地区で悪化」などの内容となっています。
NYダウは、米週間石油在庫統計で原油とガソリン在庫が予想以上に増加したことを受け原油価格が下落、エネルギー関連株が売られたことが重しとなり小幅下落、前日比-18.90ドルの10452.68ドルで引けました。

今日はECB政策金利発表が予定されています。政策金利が据え置きなのは確実視されていますが、政策金利発表後22:30に行われるトリシェECB総裁の会見で、翌年以降の経済見通しについてや、出口戦略について何か言及があるのか、また1.5ドルを超える水準のユーロ高に対しての言及があるのかなど、トリシェECB総裁の発言に注目したいです。
また今日の経済指標ですが、欧州・10月小売売上高、欧州・第3四半期GDP・改訂値、米・新規失業保険申請件数、米・11月ISM非製造業景況指数などが予定されています。

昨日は鳩山首相が「円独歩高は放置できない」などと発言したため、日銀の追加の量的緩和措置や介入観測から円は大きく売られました。ここから政府・日銀が手を取り合い株安・円高という今の日本にとって致命傷となりそうな悪い流れを断ち切ることができるのか、予断を許さない状況の中、当局の動向には引き続き注目しています。

今日は、大きく円安へ傾き88円台へ戻れるかのドル円、ECB政策金利発表を前にしてのユーロドル、そして昨日に続き上昇で146円台で推移のポンド円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替