FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・3月S&P/ケース・シラー住宅価格指数は、予想-18.40%に対し結果-18.70%と予想を下回る数値となりましたが、米・5月消費者信頼感指数が予想42.6に対し結果54.9、米5月リッチモンド連銀製造業指数が予想-4に対し結果6と、ともに市場予想を大幅に上回る結果となりました。
米5月消費者信頼感指数が6年ぶりの大幅な伸びとなったことなどから、景気回復への期待が高まりNYダウは大きく上昇、前日比+196.17ドルの8473.49ドルで引けました。

為替の方も景気回復期待からリスク選好の流れとなり、ドル円は95円台へ回復、クロス円も欧州時間には、独金融機関の不良債権拡大懸念から欧州通貨が対米ドルで売られ大きく下落しましたが、その分を取り戻し大きく上昇しています。ポンド円はついに4月6日の高値151.50円をしっかり抜き、現在152円台前半で推移しています。ポンド円は、また後ほど通貨分析で触れたいと思います。

今日の経済指標は、米・4月中古住宅販売件数、独・5月消費者物価指数・速報値などの発表が予定されています。本日注目の指標・米4月中古住宅販売件数については、予想465万件と、前月457万件からは改善の予想となっていますが、予想よりよい結果となればリスク選好のドル売り加速となるでしょうか。
あと、注目されているGMの行方についてですが、6月1日の再建策の提出期限を前にして、債権者と交渉を進めてはいますが、債権者から合意が得られないようで数日以内に破産法適用を申請する可能性が高まっています。提出期限を来週に控えてのGM関連の突然のニュース等に引き続き気をつけておきたいです。なお、GMが破産法を申請した場合、米政府が株式を最大で70%保有する見通しとなっています。

今日は、96円台に上昇できるかのドル円、伸び悩んでいるものの再び1.4ドル台に戻していけるかのユーロドル、そしてついに4/6の高値151.50円を超え上昇基調継続のポンド円を勝手に分析します。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替