FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日公表されたFOMC議事録で、2009年のGDP・失業率は1月の見通しから下方修正され、翌年2010年のGDP・失業率の予想も下方修正されました。また、一部のメンバーが、景気回復ペースを加速するために、債券買い取りを一段と拡大することが正当化される可能性があるとの見方を示したとのことです。
FOMC議事録で米経済の見通しが下方修正されたことを受けNYダウは下落、前日比-52.81ドルの8422.04ドルで引けました。

昨日はドル売りが顕著となりました。 ドル円は朝96.22円まで上昇したものの、NY時間には売られ続け95円割れ、FOMC議事録で米経済の見通しが下方修正されたことも影響し95円を上回れず、ずるずる下落の弱い展開となっています。そしてユーロドルですが、NY時間にドル売りが進み急上昇、3/19の高値1.3738ドルを超え、一時1.3829ドルを付けています。現在も1.378ドル付近での推移となっています。
ポンドドルもNY時間1.55ドル付近から急上昇、一時1.5793ドルへ、AUD/USDも一時0.7808ドルまで上昇しており、ドルが売られる展開となっています。このドル売りの傾向は今日もまだ続くのかを意識しながら、今日も相場の方を見ていきたいと思います。

今日の経済指標は英・4月小売売上高指数、米・5月フィラデルフィア連銀製造業景況指数,、新規失業保険申請件数の発表が予定されています。米・5月フィラデルフィア連銀製造業景況指数は今回の予想-18.0となっています。前月は予想-32.3に対し結果-24.4と予想外に好結果でしたが、今回も改善すれば、ドル円に関しては、一時的でしょうがドルが買われてくるのではと思います。個人的には今日も、ドルが弱い基調ということを前提にしての取引を考えています。

今日は、94円台前半へ下落のドル円、ついに3/19の高値1.3738ドルを超えてきたユーロドル、そしてポンドドルがますます堅調、近いうちにレンジ抜けが期待されるポンド円を勝手に分析します。続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替