FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された独5月ZEW景気期待指数は予想20.0に対し、結果31.1と、先月に続き強い結果となりました。そしてNY時間に発表された米・4月住宅着工件数・4月建設許可件数ですが、4月住宅着工件数は予想52万件に対し結果45.8万件、4月建設許可件数は予想53万件に対し結果49.4万件でした。 住宅着工件数・建設許可件数ともに過去最低水準となり、住宅市場の底打ちは近いとの期待がしぼむ結果となりました。
NYダウはクレジットカード規制法案が成立したことにより金融株が売られたことや、弱い住宅指標結果から小幅下落、前日比-29.23ドルの8474.85ドルで引けました。

今日8:50の発表された日・第1四半期GDP・一次速報(前期比)ですが、予想-4.3%に対し結果-4.0% 、前期比年率では予想-16.1%に対し結果-15.2%と、予想より強い結果となりました。しかし、下落率としては過去最大で、次回の発表ではプラスの予想がされているものの、日本経済の先行きはなにかと厳しそうです。

今日はFOMC議事録の公表が予定されています。前回4/28、29のFOMC声明では、米経済悪化のペースは減速している模様との見解を示し、前回までの悲観的な声明からは一歩前進となりましたが、FOMC議事録では、景気の底打ちに対してのFRBの見解などに注目したいと思います。あと、17:30にBOE議事録の公表も予定されていますが、特に大きく動く要素はないかと思います。
その他、今日の経済指標は加・4月消費者物価指数 の発表が予定されています。

昨日ドル円は96.70円まで上昇したものの、その後反落、現在95.50円付近での値動きとなっています。対円以外のドルストレートでもドルは弱くなっており、ユーロドルはそう大きくは上昇していないものの、ポンドドルが一時1.5498ドル、AUD/USDも5/11の高値0.7712ドルを抜き一時0.7783ドルまで上昇しており、ドルが売られる展開となっています。このドル売りの傾向は今後まだ続くのかを意識しながら、今日も相場の方を見ていきたいと思います。

今日は、96.7円付近で上値を抑えられ95円台へ下落のドル円、1.36ドル付近から上昇できるかのユーロドル、そしてポンドドルの堅調さにより149円台まで上昇、近いうちにレンジ抜けができるのかのポンド円を勝手に分析します。続きをご覧ください。


→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替