FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は米国経済指標が多数発表されました。4月消費者物価指数は前月比±0.0%となり市場予想通り、コアは予想前月比+0.1%に対し前月比+0.3%と強い結果となりました。ただ、前年比は予想-0.6%に対し結果-0.7%と、1955年6月以来最大の落ち込みとなっています。 その他5月ニューヨーク連銀製造業景気指数、3月対米証券投資、4月鉱工業生産、5月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値とも市場予想より好結果でした。これら米国経済指標の好結果を受け、NYダウは序盤小幅上昇したものの、原油価格の下落や週末ということもあり買いが入らず下落、前日比-62.68ドルの8268.64ドルで引けました。

昨日は独・第1四半期GDP・速報値、欧州・第1四半期GDP・速報値の発表もあり、独・第1四半期GDP・速報値は予想前期比-3.0%に対し結果-3.8% 、欧州・第1四半期GDP・速報値は予想前期比-2.0%に対し結果前期比-2.5%、前年比も-4.6%とかなり弱い結果となりました。ユーロドルは独指標発表後からかなり下げており、欧州指標発表からの下げは限定的でしたが、NY時間に再び大きく売られ1.35ドル割れ、一時1.3462ドルまで下落し、終値も1.3494ドルと1.35ドル割れで引けています。
ドル円も昨日は96円台前半まで戻したもののそこでは抑えられ下落、一時95円を割り94.72円まで下落しました。終値は95.18円ですが、来週も軟調な展開が予想されます。

来週は政策金利関連では19日にRBA議事録、20日にBOE議事録、FOMC議事録の公表、そして22日に日銀政策金利発表と白川日銀総裁の会見が予定されています。前回4/28、29のFOMC声明では、米経済悪化のペースは減速している模様との見解を示し、前回までの悲観的な声明からは一歩前進となりましたが、FOMC議事録では、景気の底打ちに対しての見解などに注目したいと思います。
来週発表の経済指標ですが、19日に英・4月消費者物価指数、独・5月ZEW景況感調査、米・4月住宅着工件数、4月建設許可件数、20日に日・第1四半期GDP・一次速報、加・4月消費者物価指数、21日に英・4月小売売上高指数、米・5月フィラデルフィア連銀景況指数、22日に加・3月小売売上高などが予定されています。
来週はドル円が再び95円を割ってくれば次はどこまで下へ向かうのか、また、ドルストレートでもリスク回避のドル買いの流れ継続となれば、クロス円はユーロ円はすでに130円を割れて引けていますが、ポンド円、オージー円、カナダ円なども大台割れが懸念されます。
このリスク回避の動きがまだ来週も続くのか、それともすべての通貨に対してドル売りの流れに変化するのかどうか、引き続き注意深く見ていきたいと思います。

今日は、来週もリスク回避の流れが続くと更なる下落が懸念されるユーロ円、ポンド円、オージー円を勝手に分析します。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替