FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米国雇用統計ですが、4月非農業部門雇用者数は予想-60.0万人に対し、結果-53.9万人となり、予想より強い結果に、また、失業率も8.9%と市場予想通りの結果となりました。
ストレステストの結果が事前に報道されたものとブレがほとんどなかったことと、米雇用統計を好結果を受けてNYダウは上昇、前日比+164.80ドルの8574.65ドルで引けました。

為替の方ですが、米雇用統計が好結果となったことでドルは全面安となりました。雇用統計後ドル円は一時は99.56円まで上昇したものの、その後はユーロドルをはじめとして全面的にドルが売られる展開となりドル円はじりじり下落、昨日の安値圏98.46円で引けています。
ストレステスト結果公表も荒れることなく通過、米雇用統計が好結果ということでリスク選好の意識が高まりドルは売られ、ユーロドルは引けにかけて堅調に上昇し節目を次々越え一時1.3649ドルまで上昇、1.3632ドルで引けました。ポンドドルも1.5246ドル、AUD/USDも0.7707ドルまで高値をつけ、NZD/USDも0.6035ドルと0.6ドル台に乗せて引けました。

来週の主な経済指標ですが、12日に英・ 3月鉱工業生産 、米・3月貿易収支、13日に日・3月貿易収支、英・4月失業率/4月失業保険申請件数、英・BOE四半期インフレレポート、米・4月小売売上高、14日に米・4月生産者物価指数、15日にNZ・3月小売売上高指数 、独・第1四半期GDP・速報値、米・4月消費者物価指数、5月ニューヨーク連銀製造業景気指数、3月対米証券投資、 4月鉱工業生産、 5月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値などの発表が予定されています。
今週は次々ビックイベントが続いた週でした。ストレステスト結果公表も波乱なく終了し、リスク選好の流れが高まった週となりましたが、来週もこの流れが続きドルと円が売られていくでしょうか。個人的には来週もオージーは調整に注意しながらも買い中心の方針で考えています。

今日は、今後どちらに進むのかその方向が大変気になるユーロドルを勝手に分析、そしてレバ規制・スプ規制についてまた個人的意見を少々…。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替