FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日のBOE政策金利発表では、政策金利は予想通り0.5%で据え置きとなりましたが、予想外の500億ポンドの資産買い取り額拡大も発表、ポンドは売られました。
そして注目されていたECB政策金利発表ですが、政策金利は予想通り0.25%引き下げ1.00%にすると発表されました。トリシェECB総裁は会見で、「政策金利は適正水準」と発言し金利引き下げの打ち止めを示唆、しかし「政策金利が下限に達したと決定したわけではない」とも述べています。
また、トリシェECB総裁は「ECBは600億ユーロ相当のカバードボンド購入を予定」、「銀行向けオペの最長期間を拡大」などの非伝統的措置を発表しました。カバードボンド購入を発表したものの、限定的な内容・規模であり国債購入ではなかったことからユーロは買われ、ユーロドルは一時1.3469ドルまで上昇しました。


今朝公表された米銀大手19行に対するストレステストの結果ですが、米金融規制当局は10行に対し746億ドルの資本増強を要求しました。資本増強が必要な銀行は6月8日までに増資計画を策定し、11月9日までに計画を実施することを求められます。
バンカメが339億ドル、ウェルズ・ファーゴが137億ドル、シティグループが55億ドル等10行ほどで資本調達が必要になるとの公表でしたが、昨日の段階ですでにかなりの具体的内容が報道されており、ほぼ事前予想からブレがなかったことで、ドル円は小幅に反発のみ、大きく為替に影響を与えることはありませんでした。

さて、今日は月に一度の米国雇用統計発表の日です。一昨日発表された米・4月ADP全国雇用者数は予想-64.5万人に対し結果-49.1万人と、昨年11月以来の小幅な減少にとどまり、昨日発表された5月2日までの週の新規失業保険申請件数は予想63.5万件に対し結果60.1万件と好結果となり、1月末以来の水準となっており、今日の雇用統計も改善が期待されています。4月非農業部門雇用者数は-60.0万人、4月失業率は8.9%の予想となっていますが、改善が見られる指標結果となるかに注目です。
その他の経済指標ですが、本日は英・4月生産者物価指数、加・4月失業率/4月雇用ネット変化などの発表が予定されています。
今週は次々ビックイベントが続き疲れましたが、今日の雇用統計で今週も終わりです。あと1日頑張りましょう!

今日は、雇用統計を控えてのドル円、1.35ドルを超える上昇を見せることができるかのユーロドル、そして新しいステージに入ったかのオージー円を勝手に分析します。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替