FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・4月ISM非製造業景況指数ですが、予想42.2に対し結果43.7と好結果となり、2008年9月以来の水準を回復しました。またバーナンキFRB議長は上下両院合同経済委員会の証言で米経済について、「年内に上向くものの回復は緩やかなものとなり、失業率が一段と上昇する公算が大きい」との認識を示した。
指標の好結果や、バーナンキFRB議長が「経済活動が底を打ち、年内に上向くと予想している」との見通しを示したためNYダウは一時上昇していましたが、ストレステストの結果公表を7日に控え利益確定の売りが先行しNYダウ平均は小幅下落、前日比-16.09ドルの8410.65ドルで引けました。

昨日のRBA政策金利発表ですが、予想通り政策金利は3.00%で据え置かれました。声明では、昨年9月以来の425bpの利下げの効果やこれまでの景気刺激措置の効果の大部分がまだ確認されていないとし、また、主要貿易相手国である中国の景気安定化の兆しにも言及し、比較的先行きを楽観視した内容となりました。このため、今後の追加利下げの可能性が後退し、オージーは底堅い展開となりました。
また、今日先ほど発表された豪・3月小売売上高ですが、予想前月比+0.5%に対し結果前月比+2.2%と、予想より強い結果となっています。今日はドル円が下落、そして特にユーロが売られており、オージー円、AUD/USDも共にかなりの下落となっていますが、オージーの底堅い展開は続くのかには期待しています。

今日は欧・3月小売売上高、そして雇用統計の先行指標と言われている米・4月ADP全国雇用者数などの指標発表が予定されています。
流れが大変変わりやすい状況下で、明日はBOE政策金利発表、ECB政策金利発表、ストレステスト結果公表、また明後日は米国雇用統計とビックイベントが続きますが、週末まで頑張りましょう。

今日は、98円台に留まることができるかのドル円、1.344ドル手前で跳ね返され下落のユーロドル、そして強い基調となっているポンド円を勝手に分析します。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替