FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米国経済指標も好結果でした。4月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値は予想61.9に対し結果65.1と強い結果、4月ISM製造業景況指数も予想38.4に対し結果40.1と改善しました。
NYダウは小幅上昇、前日比+44.29ドルの8212.41ドルで引けました。
この予想を上回る米経済指標などからリスク選好の流れとなり円とドルは売られ、ドル円の高値は99.58円まで、ユーロ円は132.34円、ポンド円は148.33円、オージー円は72.94円、NZ円は57.01円まで上昇しました。

来週もまたまた注目材料の多い週です。米大手銀行19行を対象としたストレステストの結果は、当初4日に発表予定でしたが、昨日7日午後に公表されるとの発表がありました。発表内容によっては大きく動く可能性があり、引き続きストレステスト関連の報道には注意しておきたいです。
また政策金利関連では、来週は5日にRBA政策金利発表、7日にBOE政策金利発表、ECB政策金利発表が予定されています。オーストラリアと英国は今回据え置き予想となっています。そしてECB政策金利発表では0.25%の利下げ予想となっていますが、今回発表される利下げ幅、そして量的緩和に関するコメントが出されるのかどうかは大変注目されております。
また、来週末には米国雇用統計の発表が予定されています。4月非農業部門雇用者数は-62.0万人、4月失業率は8.9%の予想となっていますが、改善がみられる指標結果となるかに注目です。その他来週は4日に3月中古住宅販売保留、5日に4月ISM非製造業景況指数、6日に4月ADP全国雇用者数などの米国経済指標の発表が予定されています。来週の注目点等はまた日々の更新で触れたいと思います。


今日は、ECB・BOE・RBA政策金利発表を控えてのクロス円分析ということで、ユーロ円、ポンド円、オージー円を勝手に分析します。続きをご覧ください。


→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替