FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

 こんにちは。FX大好きママしましまです。

 昨日は米国市場が休場ということもあり、比較的穏やかな動きとなりました。しかし本日は先ほどからユーロドルが急落しております。1.27~1.268ドルにあったストップロスを狙った動きが強まり、下値のオプションバリアを破り、一時1.2632ドルまで下落しています。そして現在も上値の重い動きとなっています。また、ポンドドルも1.4185ドルまで売られており、現在欧州通貨軟調の展開となっています。一方欧州通貨下落を背景に、ドルはすべての通貨に対し堅調推移となっており、ドル円も92.39円まで高値更新、現在も勢いがあります。
 今日は午前9:30にRBA議事録の公表がありました。「目先のGDP見通しは非常に弱い」、「世界経済に対する逆風が非常に強く豪経済に多大な悪影響を及ぼし続ける」、「利下げと政府支出は非常に重要な刺激策」ですが「利下げや財政出動の効果が出るには時間がかかる」など、見通しの暗めの内容にオージーは対米ドルで0.65ドル台前半から0.64ドル台半ばまで売られています。
 さて、17日にGMとクライスラーの米政府への再建計画の提出期限を迎えるということでビッグ3問題に再び注目が集まっています。GMが連邦破産法11条の適用を申請し、新たな会社として出直すことを選択肢の1つとして検討しているとのニュースも出てきておりますので、ビッグ3関連の新たな報道などに注意しておきたいところです。GMと全米自動車労働組合、債券保有者との交渉が、16日に進展してきてはいるものの、政府提出期限の17日までにまとまる可能性が低くなってきているということです。経営再建計画がもし予定通り提出されれば、この問題もいったんは落ち着くのではと言われており、今週は再建計画の行方に目が離せません。
 本日はRBA議事録は終わりましたが、欧州時間には英1月消費者物価指数、独2月ZEW景況感調査、そして米国経済指標は米2月NY連銀製造業景気指数、米12月対米証券投資の発表が予定されています。欧州通貨売りも進んでいますし、注目度の高い本日の指標群には注意しておきたいところです。

 今日はいよいよ92円台後半に乗せていけるかのドル円、ついに1.27ドル割れのユーロドル、1.4ドル台が守れるかのポンドドルをとりとめもなく分析させていただきます。

★続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 
 よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替