FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

 こんにちは。FX大好きママしましまです。

 昨日発表されたRBA政策金利発表ですが、市場予想通り現行の4.25%から100bp引き下げ、政策金利は過去最低の3.25%となりました。声明では、世界経済は2008年末に大幅に悪化したことを指摘し、「金融システムの安定化措置はこの数カ月、クレジット市場の機能改善に貢献した。世界各国でとられている景気刺激策と合わせて、世界経済の回復を後押しするだろう」「ただ、世界経済の短期的な見通しは、この長年の間で最も弱い」「オーストラリア経済も影響を受けたが、他の先進国ほど深刻ではない。」との認識を示しました。発表直後は材料出尽くし感などから豪ドルの買い戻しが優勢となりました。
 RBAは気になる「今後も利下げをしていくのか」については、今回は言及しませんでした。しかし「インフレ率は低下し始めており、このところの動向を見る限り、今後も低下し続ける公算が大きい。」という声明文からも 利下げ打ち止め感がまだ感じられないところです。しかしとりあえず、今後は様子を見ながら、もしここから利下げをするにしても慎重に小幅なものとなるのではないか、と個人的には思います。
 昨日はNY時間にドル売りの展開となり、ユーロドルは一時1.3057ドル、ポンドドルは1.4483ドル、AUD/USDは0.6544ドルまで買われました。FRBが流動性供給プログラムと13カ国・地域の中央銀行と結んでいる通貨スワップ協定について、期限を10月30日まで6カ月間延長すると発表したことやNYダウの上昇でリスク回避の動きが緩和したことなどによるドル売りということです。クロス円は昨日はドル売りの流れとなったことで堅調な展開となりました。
 今日は米1月ADP全国雇用者数、米1月ISM非製造業景況指数の発表があります。ADP全国雇用者数の予想は-53.5万人となっていますが、今回はどのような結果になるか注目です。
 明日はいよいよBOE、ECBの政策金利発表、そして明後日はビッグイベント・雇用統計を控えています。明日は注目のユーロとポンドについての記事になると思います。利下げ幅はどのぐらいになるでしょうね。

 今日は上値を抑えられ90円台に戻せないドル円、1.3ドル付近を保てるかのユーロドル、切り返してきたオージー円をとりとめもなく分析させていただきます。

★続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 
 よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替