FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。
 
 こんにちは。FX大好きママです。


 28日に発表された米第4四半期実質GDPは前年比で+0.6%(前回0.6%)と事前予想の0.8%を下回る結果となりました。また、バーナンキFRB議長が「2001年のリセッション以上に対応が難しい」との見解を示したことでドル売りが加速し、対ユーロでは史上最安値を更新しました。市場ではFOMCが年内は継続的に金利を引き下げるとの見方が強まっています。

昨日のトレード

      AUD/JPY   +12~35pip  (L・S)
 
  昨日は主人が休みをとっておりましたので、オージー円に絞って取引しました。私が取引してたときはまあまあ平和な値動きだったのですがね・・・・、バーナンキさん、さすがいつもやってくれますね~。今日は長男が遠足・そして私が幼稚園で卒園式の花つくり、懇親会がありましたので夜のうちにイーフォレックスさんの原稿を下書きしました。そして朝出したらいいや~、と思っていたらこの動きようです・・・(怒)あわてて原稿も修正して出しました。(涙)懇親会終わって帰ってきたらドル円104円台ですし・・・、乗れてないです。
 
 今日はドル円、それからユーロ円、オージー円について勝手に分析です。ユーロドルとドルスイスについては今日イーフォレックスさんの方でしておりますので、もしよろしければご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





 
 こんにちは。FX大好きママです。


 27日の議会証言において、バーナンキFRB議長は景気の下振れについて言及し、経済指標はぜい弱な成長を示唆していると指摘しました。市場ではFOMCが年内は継続的に金利を引き下げるとの見方が強まりドル売りが加速、ドルはユーロやスイスフランに対し史上最安値をつけ、オセアニア通貨に対しても23年ぶりの安値をつけました。26日発表の米2月消費者態度指数は5年間で最低水準に落ち込んでおり、本日発表予定の米第4四半期GDPの結果次第ではドル一段安の可能性がありますので、注意が必要です。

 昨日のトレード

      AUD/JPY   +12~30pip  (L・S)
      AUD/USD   +40pip  (L)
      EUR/USD   +20pip  (L)
      USD/JPY   +20pip  (S)

  ドル円・ユーロドルなど黙って持ってたらもっと利益出たんですがね・・・・小心者です。スイングでずっとユーロドルロング持たれてる方など、利益すごいでしょうね~!どうも私はちょこちょこしかできなくなってます・・・。

 今日はドル円、それからついに0.94越えのAUD/USDについて勝手に分析です。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 26日に発表された米2月消費者態度指数は75.0(前回87.9)と事前予想の82.0を大幅に下回り5年間で最低水準に落ち込みました。また、コーンFRB副議長が「インフレよりも金融市場や景気の逆風が米経済にとってより大きな脅威である」と発言したことを受け、FOMCが継続的に金利を引き下げるとの見方が強まりました。ドルは対ユーロで史上最安値を更新しており、主要通貨に対し軒並み下落する展開となっています。



 昨日のトレード

       AUD/JPY   +10~20pip   (L・S)

 昨日はいろいろと用事があり、そんなにトレードできませんでした。夜も子供達と寝てしまい、いったん起きたものの妹と電話したあと眠くて早く寝てしまいました…。ユーロドルはずっと狙ってたのに波に乗れず残念です。(涙)


 今日は、ドル円と、祝!高値更新のユーロドル、それからまだまだいけるの?のオージー円を勝手に分析です。


 
 おはようございます。FX大好きママです。

 
 スタンダード・アンド・プアーズは25日、金融保証会社(モノライン)大手MBIAの信用格付けを「AAA」で維持しました。また、モノライン2位のアムバック・ファイナンシャル・グループが格下げ回避に向け資本を増強するとの観測を受けて、信用市場での損失拡大が回避されるとの見方からキャリートレードが再開し円売りが加速しました。また、この日発表された米1月中古住宅販売件数が事前予想を上回り、前回値も上方修正されたことでドル円は108円台を回復しました。

 
 昨日のトレード

        AUD/JPY   L +10~60pip(たくさんトレードしました)
        NZD/JPY   L +60pip

 昨日自分が見ていた範囲では、かなり満足いくトレードができました。そう、見ていた範囲では・・・。(涙)人がノーポジで気持ちよく寝てる時に限って上がるんですよ。まあ、やはりまだまだ腕が良くないということなのでしょう…。

 今日はドル円、そして昨日「チャレンジブロガーの杜」で扱ったNZD/USDとカナダ円を勝手に分析です。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 今週は1月米中古住宅販売件数などの米経済指標発表やバーナンキFRB議長の議会証言、米主要企業決算を受けた米国株価動向など注目材料が多数あります。また、金融保証会社のアムバック・ファイナンシャル・グループの救済措置の話がまとまるとの観測もあり、こちらの動向にも注意したいです。今週も疲れる値動きをしそうですが、また1週間頑張りましょう!

 金曜日のトレード

        AUD/JPY   L +10pip・買値撤退
        AUD/JPY   S +30pip
        USD/JPY   S +20pip
        NZD/JPY   L +20pip

 金曜日はドル円が106円台になりましたね。ドル円まだ下げるかな~と思いながら寝て、起きたらまた円安に戻ってます。(特にオセアニア通貨)ほんとしばらく持ち越しはできませんね~。

 本日はドル円・ユーロドル、そしてオージー円についてまた分析しております。(チャレンジブロガーの杜ではNZD/USD,カナダ円について取り上げてみました。)


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 今日はまずEUR/USDの週足チャートをご覧いただきたいと思います。ユーロドル、2000年10月には0.8383(AFTのチャートより)をつけています、今ではとても考えられないですが・・・そして今週の終値は1.4827です。私が大好きだったユーロドルショートをしていた2006年後半は1.25~1.29あたりを推移しておりました。
EUR/USD


 では、続きをご覧ください。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 昨日は一時NYダウの100ドル超の下落を受け、リスク回避の動きが強まり106.60円台まで値を下げるも、その後モノラインの救済計画が週明けにも公表されると示唆されたことを好感し、NYダウが上昇に転じるとドル・円、クロス円が買い戻され、米株価がプラスに転じたことで終盤にかけてクロス円は堅調でした。中でも、オセアニア通貨は上昇が顕著に見られ、特にNZドル・円は86.80円台まで上昇しました。まだしばらくはダウに一喜一憂する日々が続きそうですね。そして、昨日のNZD/USDの上昇は見事でした。


 今日は土曜日ということで、いつものようにまたポートフォリオ作成しました。


 
 こんにちは。FX大好きママです。


 昨日ロンドン時間には、英1月小売売上高の上振れを受けたポンドの買いでポンド円、クロス円が上昇しました。しかし、NY時間に発表された米2月フィラデルフィア連銀製造業景況指数は-24.0(前回-20.9)と事前予想の-10.0を大幅に下回り、米国のリセッション(景気後退)懸念が強まったことでドル売りが進みました。なんともドルは弱いですね・・・。


 昨日のトレード

      AUD/JPY     +10~+20pipを何度か(L・S)
      NZD/JPY      +15pip~+20pip(L)

 昨日はオセアニア通貨でトレードしました。小動きでしたので、10~20pipを目安にロング中心でトレードしました。朝起きてみたらできたらロングに乗りたかったユーロドルが1.48に乗せていたので、ちょっと悲しかったです・・・。でも、夜中まで起きてたら体がもちませんので仕方ないです。

 今日は、超久々にポンド円とNZ円について勝手な分析です。(イーフォレックスさんのほうでドル円・ユーロドルをしています)


 
 こんにちは。FX大好きママです。

 
 昨日はユーロはドイツの州立銀行の経営危機に関する報道を受けて対ドルで1.4630ドル台まで下落したり、欧州株の下落を受けてドル円、クロス円とも軟調でしたが、米1月CPIの予想を上回る上昇をしたことで追加利下げ観測が後退し、またFOMC議事録が低い金利水準の継続を示唆した事が好感され、米株式市場の反発にドル円、クロス円は上昇しました。毎日疲れる展開が続きます。

 昨日のトレード

      AUD/JPY     +20pipを5回ほど(L・S)
      AUD/USD    +20pip (S)
      USD/JPY      +10pip(S)

 昨日はpip数欲張らず、ちょこちょこトレードしました。重要イベント前ですので、取引も控え目にしました。昨日ユーロドルがあんなに下がるとは思いませんでしたが、またしっかり上げて来てるところがさすがユーロドルです。

 今日は、クロス円の下落が気になる方のために、ポンドドル、ドルカナダ、そしてUSD/ZARについてまた勝手な分析を・・・。



 おはようございます。FX大好きママです。


 本日は米消費者物価指数ならびに住宅着工・建設許可件数など注目度の高い指標発表が複数控えているため、注意が必要です。BOE議事録、FOMC議事録の発表もあります、要注意ですね。今日は今週の山場となりそうです、いつも以上に注意してトレードに臨みましょう。


 昨日のトレード

        AUD/JPY  L -40~+109pip
        EUR/USD  L +30pip
        NZD/JPY  L  同値撤退

 ちょっと思い込みが激しかったのと高値でもポジション持ってしまったため、かなり利益を減らしてしまいました。金額的にはもしかしたら今年1番かもしれませんが、内容的にはあまりよろしくないトレードでした。ドル円の値動きに完全に揺さぶられてしまいました。

 今日は、そのドル円、ユーロドル、それから引き続き注目したいAUD/USDの勝手な分析です。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 18日はプレジデンツ・デーのためNY市場は休場となりました。欧州時間では欧州株が堅調なことから円安が進みドル円も強含みしたものの、NY時間以降は取引参加者が少なく取引は閑散とし、結局ドル円は小幅の値動きにとどまりました。その中でもオージー円はなかなかすばらしい上昇を見せてくれました。




 昨日のトレード

        AUD/JPY   +30~+68pip
        NZD/JPY   +30pip

 昨日は他のことなどもしていたので2通貨ペアのみの取引です。オージー円は昨日決済したものもありますが、持ち越しもしています。朝追加ロングもしておきました。

 今日はドル円、そしてどこまで行くのか気になるAUD/USD、オージー円を勝手に分析です。


 
こんにちは。FX大好きママです。


15日に発表された米2月NY連銀製造業景況指数が2005年以来初めてマイナスとなったことやミシガン大学消費者信頼感指数が16年ぶりの低水準に落ち込んだことで、米国がリセッションに陥るとの懸念が強まりました。14日の銀行住宅都市委員会でバーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が信用市場の逼迫で景気が抑制される可能性について言及したことも影響し、ドルは対ユーロで売りが先行し1.47台まで下落しました。一方、対円ではクロス円の上昇の影響で下げ幅が限定的となりました。市場では3月のFOMCでFF金利を最大0.75%引き下げるとの見方が広がっています。

 金曜日のトレード

       AUD/JPY   Lで数回。+15~60pip
       EUR/USD   L  で+20pip
       USD/JPY   S  で+20pip

 オージー円はいい波に乗れました。底と天井とはいきませんが、まあまあ満足です。

 今日はドル円、EUR/USD、そしてAUD/USDを勝手に分析です。


 
 おはようございます。FX大好きママです。

 
 いよいよ明日からイーフォレックス社の方で、月曜と金曜日、週2回の連載が始まります。初回は自己紹介もだいぶしてしまいそうですが(汗)基本的に月曜日は「今週の展望とトレード内容」、金曜日は「今週の反省点を交えて、来週の戦略」をテーマとしています。
 木曜日も書きましたが、この企画外国為替証拠金取引・FXブログの為替見習さんと、FXの泉~フィボナッチの真実~のakiraさんとご一緒します。頑張ってよい企画にしたいな、と思っています。皆様、至らない点多々あると思いますが、どうぞよろしくお願いします。
FX初心者でも安心サポート「e・ForexTrader」



 

今日は、のびのびになっていたヒロセ通商さんのLION FXを使っての私の感想を・・・。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 昨日のドル円は東京時間は堅調だったのですが、長続きしませんでしたね。米2月ニューヨーク連銀製造業景気指数が予想以上の悪化したことを受け、ドル売り・円買いが優勢となり、その後は若干値を戻しましたが、米2月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値も92年9月以来となる低水準になったこともあり、リセッション(景気後退)懸念からの追加利下げ観測が強まりました。一方、ユーロ・ドルは米経済指標がそれぞれ弱い結果となったことで、一時1.47ドル台まで値を上げました。私はというと、相変わらずオージー円主体で頑張っておりました。昨日はまあ満足いくトレードができました。



 今日は土曜日ということで、いつものように新ポートフォリオ作成しました。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 14日に発表された米12月貿易統計では赤字額が588億ドル(前回631億ドル)と事前予想の615億ドルを下回り、赤字額が縮小したことが好感されドル円は一時108.60まで上昇しました。しかし、その後の銀行住宅都市委員会での議会証言でバーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が信用市場の逼迫で景気が抑制される可能性について言及したことを受けてドル円はこの日の上昇分を失うことになりました。さすがバーナンキさん、毎度毎度人のポジにダメージを与えてくださってどうもありがと・・・。(怒)


 昨日のトレード

     AUD/JPY  Lで+50pip、あと20~30pip抜きを数回
     NZD/JPY  L  +53pip
     EUR/JPY  L  +50pip

  オージー円、97.20でロングした分だけ期待をこめて持ち越しましたが結局ストップにかかっていました・・・。やはり私が持ち越すと下がるようです。(被害妄想?)バーナンキさんには2年前のドル円からたびたびひどい目にあってますので、もうこういったことは慣れました。

 今日はまたドル円、ユーロドル、そしてランドが気になる方のためにUSD/ZARを分析してみました。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 13日に発表された米1月小売売上高は+0.3%(前回-0.4%)と事前予想の-0.3%を上回り、米国経済がリセッション(景気後退)に陥るとの見方が後退したことを受けてドルの買い戻しが進みました。また、12日にウォーレン・バフェット氏が金融保証会社(モノライン)の保証する地方債の再保証を申し出たことが報道され、株式相場が上昇したことで円キャリートレードが再開したこともドル円の支援材料となりました。ついにドル円は108円台を回復しましたが、定着してさらに上を目指してくるのか、これから見守りたいところです。

  昨日のトレード

      AUD/JPY  +32pip(損切りあり)
      AUD/USD  +30pip(ショート)
      USD/JPY  +30pipを2回
      EUR/JPY  +50pip

 昨日はオセアニア通貨売られましたね。オージー円は一部損切りしました。あれだけAUD/USDが下げたら仕方ないです。

 今日はドル円、AUD/USDの分析と、みなさまにお知らせがあります。




 こんにちは。FX大好きママです。


12日に発表された独2月ZEW景況感指数が予想に反して上昇したことで欧州の景気悪化懸念が後退し、ユーロ円を中心にクロス円が上昇しドル円もつれ高する結果となりました。また、ウォーレン・バフェット氏が金融保証会社(モノライン)の保証する地方債の再保証を申し出たことが報道され、株式相場が上昇したことで円安となりました。ただ、先週末に開催された7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)において参加国が金融市場のさらなる混乱に警戒感を示したことや、米AIGグループが一部金融資産の価値を過大評価していたと明らかにしたことにより金融機関の評価損がさらに拡大するとの懸念から一段の上昇には至っていません。


 昨日のトレード

       AUD/JPY  L で+20~50pip
       NZD/JPY  L  +30pip
       EUR/JPY  L  +30pip
       EUR/USD  L  +30pip

  ユーロは粘ればもう少しとれたのでしょうが、不安定な値動きですのでこれだけとれたらもうよいという気持ちです。オセアニア通貨はよく動きますね、最近オージー円にはまってます。ポンド、前はたくさんトレードしてたんですが、最近すっかり離れてしまっています。(汗)

 今日もドル円、ユーロドル、オージー円について個人的な意見を・・・。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 先週末に開催された7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)において参加国が金融市場のさらなる混乱に警戒感を示したことや、米AIGグループが一部金融資産の価値を過大評価していたと明らかにしたことにより金融機関の評価損がさらに拡大するとの懸念が広がったことで、リスク回避の動きが強まり円の買戻しが進みました。当面はレンジ相場が続くのでしょうか、これだけ続くとどちらかに抜けた時がすごいでしょうね~。


 昨日のトレード

      AUD/JPY   +30pipほどを3回
      EUR/USD   ロングで+10pip
      NZD/JPY    ロングで+10pip
  
  本当にすぐ風向きが変わって難しいです。(汗)

 今日はまたドル円、ユーロドル、そしてオージー円を勝手に分析です。


 
 こんにちは。FX大好きママです。


 本日は東京市場が祝日で休場ということもあり、小動きです。G7も特に相場を動かすような材料は出てきませんでしたね。動きがでてくるのはロンドンからでしょうか。

ランキング12位のレバリンさんの知人の方、いままで堅実に利益を積み重ねてきていたのに、下落の途中で4度ナンピンを行いメンタル的に冷静さを失い損切りして損失額は500万くらいで、一旦退場されるらしいです。きっとまた戻るだろう、大丈夫だろうと思ってついポジション増やされたのでしょうね。「適正なレバレッジでコツコツと勝負をし続けるスタンスをより確実に守っていこうと私は思いました。」とレバリンさんさんはおっしゃっています。


 今日はドル円とユーロドルをまた勝手に分析です。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)は9日、世界経済がよりチャレンジングで不確実な環境に直面しているとし、経済の安定や成長確保のため、引き続き状況を監視し、個別あるいは協調して適切な行動を取ることを明記したG7声明を発表して閉幕しました。為替の動きにはそんなに影響はないと思いますが、この閉塞感、いつ打開できるのでしょうね・・・。

 今日は先日のマネックスさんのメルマガの記事の3つのコントロールについて、自分なりに考えてみました。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 昨日はG7を前に小動きでしたね。私はオージー円でちまちまトレードを繰り返しておりました。
 ところで、 経済産業省の北畑隆生事務次官が、先月開かれた同省の関連団体の講演会で「デイトレーダー(短期取引を繰り返す個人投資家)は最も堕落した株主の典型。ばかで浮気で無責任だから、議決権を与える必要はない」と不適切な表現を含む発言をしていたそうです。もう少しお考えになってから発言された方がよかったですね。私も「ばかで浮気で無責任な個人投資家」です、まあ、もっとも最近はFX主体で株は気が向いたときにしか売買しませんが・・・。

 今日は土曜日ということで、また新ポートフォリオ作成しました。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 欧州中銀(ECB)は7日、政策金利を事前予想通り4.00%で据え置きを決定した。金利発表後の記者会見でトリシェ総裁が「ユーロ圏の経済成長について不透明感は異例の高さにある」と発言したことを受け年内の利下げ観測が強まりました。ユーロ圏経済の拡大が制限される可能性があるとの観測からユーロ売りが進み、対ドルで1.44台まで下落し、対円でも一時、節目154円割れを試す展開となりました。明日はG7があります、過去記事に何度も書いていますが、G7にはいい思い出がありません。ので、当然ノーポジで週末を迎えたいと思っております。

 昨日のトレード

         AUD/JPY  +116pip (L・S)
         NZD/JPY  + 50pip (L)
         EUR/USD  -26pip (L・S)
 ナイストレードとはかけ離れたトレードとなってしまいました。また反省します。
         
今日は、昨日かなり動きましたドル円とユーロドルについて、また勝手な分析です。



 
 おはようございます。FX大好きママです。


 欧州中銀(ECB)が本日開かれる定例政策委員会でユーロ圏の景気鈍化について言及される可能性があるとの観測がユーロの弱材料となっています。しかし米国のFF金利が3.00%に引き下げられる一方で、現状ECBは政策金利を4.00%で維持し2004年11月以来初めて欧米の政策金利が逆転する状況となっており、今回、ECBが金利据え置きを決定した場合には再びユーロ買いが強まる可能性が残されています。本日は欧州時間からは英BOEや欧中銀政策金利発表などの重要指標を始め、その他にも経済指標が目白押しとなっていますので注意して臨みたいですね。

 
昨日のトレード
    
    AUD/JPY   L 95.30 → 95.80   +50pip
    NZD/JPY   L 83.25 → 83.75   +50pip
    EUR/USD   L 1.4619 → 1.4640  +21pip

今日は下落が気になるランドについて、月足でチャート出してみました。密かにランド円狙っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?


 
 こんにちは。FX大好きママです。


 5日に発表された米1月ISM非製造業景況指数は41.9(前回53.9)と事前予想の53.0を下回り2001年以来の最低を記録しました。また、米リッチモンド連銀のラッカー総裁は「軽度のリセッション入りの可能性もある」との見解を示したことで、米国のリセッション(景気後退)懸念が一段と強まりリスク回避の動きから円の買い戻しが進みました。レンジ上抜けを期待してたのですが、またですか・・・という感じです。


 昨日のトレード

    AUD/JPY    L   96.20 →  96.90  +70  (持ち越しポジ・STOP)
    AUD/JPY    +97pip(デイトレL・S)
    EUR/USD   + 60pip (月曜のブログに書きましたが1.4760でショート)
    USD/JPY    + 10pip (ロング・粘ったのが失敗)  

 今日は、昨日の値動きを振り返ってと、ドル円、ユーロドルの勝手な取引の方針を。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 最初にお詫び申し上げます。土曜と日曜の記事でヒロセ通商の「ライオンFX」のご紹介をしましたが、ライオンFXは信託保全ではなかったのに、信託保全と書いてしまっていました。申し訳ありませんでした。1000通貨単位で信託保全で、一番手数料やスプで条件がよいなと私が思っているのは同じヒロセのFX2-ミニです。でも、「ライオンFX」は、本当にヒロセ通商さんの頑張りが伝わってくる商品ですので、期待感は変わりません。また、使ってみた感想も近々ご紹介させていただきますね。
 
 先月30日に開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)では事前予想通り0.50%の利下げが行われ、米豪の金利格差は拡大しています。米国は年内に更に利下げを行うとの見方がある一方で、豪州中銀(RBA)は本日開催予定の政策決定会合で、政策金利を0.25%引き上げるとの観測が強まっており金利差拡大を見越した豪ドル買いの動きが強まってます。

AUD/JPY

オージー円日足です。今日は私が毎日トレードしているオージー円についてと、トレード結果などです。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 1日に発表された米1月雇用統計では失業率が4.9%と前回の5.0%から改善したものの、非農業部門雇用者数は-1.7万人(前回+1.8万人)と市場予想の7.0万人に反して約4年ぶりに前月比で減少しました。指標発表後、ユーロは対ドルで史上最高値に接近したものの、高値を更新できず反落、非農業部門雇用者数の前回値が上方修正されたことや、米1月ISM製造業景況指数が前月比で上回ったことが影響したようです。

 金曜のトレード

       AUD/JPY    +156PIP (L・S)
       USD/JPY    + 12PIP (遅れてショートした分は損切り)
       NZD/JPY    + 12PIP (L)
       EUR/USD(L)はほぼ同値で撤退(涙)
 
 一方的だったらもっととれたと思うのですが、なかなか思い通りにはいきませんね。

 今日は週明けのドル円、ユーロドル、そして強いスイスフランが気になりますのでドルスイを見ていきたいと思います。


 
 おはようございます。FX大好きママです。

 
 今日は、今私が一番試したいライオンFXのご紹介から・・・。
 
 ヒロセ通商から、いよいよ、「ライオンFX」が2月6日リリースしますね。この「ライオンFX」、ヒロセの完全オリジナルで、なんと手数料無料で1000通貨単位からの取引が可能、ドル円のスプも1~となってます。レバレッジ最大200倍、携帯からの取引も可能です。私、ライオンFXも信託保全と思っておりましたが違いました、申し訳ありませんでした。ヒロセFX2ミニ同様信託保全にはやくなっていただきたいですね。待望の「ライオンFX」、使い心地はどうなのか早く試したいです~。リリース後も要望に応じて様々な機能を実装してくださるとのこと・・・・期待しております。

 今日は2月になったということで、FXその他金融商品の確定申告の話を少々いたします。


 
 こんにちは。FX大好きママです。


 あ~、昨日はせっかくのお祭りでしたが、強弱入り乱れて結局元に戻るって感じでしたね。米雇用統計の1月非農業部門雇用者数発表によって予想外のマイナスに転じたことにより、下落したときは期待したのですが・・・。その後の米1月ISM製造業景況指数発表にて転換ラインの50を超える好結果、米格付け会社ムーディーズが金融保証会社(モノライン)の格付け見直し、米国の動きと、まあ忙しい値動きですね。個人的にはもういい加減どっちでもいいから大きく抜けてほしいな~と思ってます。


 今日はまた新ポートフォリオ作成しました。なかなか待ち続けるのも難しいですね。


 
 おはようございます。FX大好きママです。
 

 昨日は、米1/27までの週の新規失業保険申請件数の発表が予想値よりも増加したことを受け105円台後半まで下落、先月30日の為替相場の急落要因となった金融保証会社(モノライン)の格下げの報道に対し、最大手のMBIAが最上級格付けである「AAA」を維持できるとの見通しを示したことで米国株の買い戻しが進み為替相場でも円安の流れが強まったりと強弱さまざまな材料が出て乱高下でした。ポジったら、様子見ながらすぐ手仕舞いしないとほんと痛い目にあいますね。


USD/JPY


 今日はドル円と、個人的に気になるAUD/USDの分析、そして昨日のトレードの結果を。


SEO対策:スワップSEO対策:外国為替