FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。
 
 こんにちは。FX大好きママです。


 本日は先週末ニューヨーク市場で散見されたドル売りが再現しつつあり米ドル・円が軟調に推移している。本年12月13日以来となる112円台割れとなっている ・・・・ということですが、ドル円111円台、ユーロドルも動いてくれてますね~!あああ~、トレードしたい、でも今の私にはそんな自由時間はないのです~・・・・。(涙)


 では、今日は嫁の独り言を少々・・・・。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





久々に携帯から更新です。今日携帯から外為どっとコムのレートみましたが、金曜はかなり動いたようですね。パソコンないし、主人の実家ですので、自由に身動きできず、残念です。(涙)ちなみに先ほどまで大姑(姑や主人たちはもう寝ました)と吉原炎上をみていましたが(笑)、大姑ももう寝ましたので、今一人でみてます。かなりはまってしまってます。



 おはようございます。FX大好きママです。

27日に発表された米11月の耐久財受注は事前予想(+2.0%)に比べ前月比+0.1%(前回-
0.4%)と低い伸び率となった。また、パキスタンでブット元大統領が自爆テロにより
暗殺されたとの報道を受け地政学リスクの高まりから米株式相場が下落し、ドル離れ
の動きが強まり、ドルは主要通貨に対し下落する展開となった。テクニカルで見る
と、6/22高値(124.14)と10/15高値(117.94)を結んだ延長線に上値を抑えられて
いる。ただ、ボリンジャーバンドは水準を切り上げており、実線は+1σに沿った動き
が続いていることから、再度、前述の抵抗線の突破を試す展開が予想される・・・
ということですが、また昨日もユーロがすごかったですね、オセアニア通貨もなかなか
楽しい動きで、今年最後のトレードを楽しませていただきました。


 では、私の昨日のトレードを少々・・・・。



 おはようございます。FX大好きママです。


 欧州がボクシング・デーのため薄商いとなる中、クリスマス休暇明けのNY勢も積極的
な売買を手控える展開となり値動きは限定的となった。年末のスワップ狙いの外貨買
いで、円キャリートレードが進む中、ドルは対円では堅調に推移したが、対ユーロで
は住宅価格指数の低下やクリスマス商戦の不振などを背景に弱含みする展開となって
いる。テクニカルで見ると、ボリンジャーバンドが水準を切り上げて推移する中、実
線は+1σと+2σの間の動きとなっており、目先は節目115円や+2σ(115.14)までの
上値余地が広がっている・・・・ということですが、昨日のユーロドルはすごかったですね、
完全に乗り遅れました…。(涙)


 では、私の昨日のトレードを少々・・・・。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 欧米の主要中央銀行による世界的な信用逼迫に向けた対応策が効を相し、市中銀行の
借り入れコストが低下していることを受け、低金利通貨で資金を調達し、高金利通貨
で運用する「キャリートレード」が活発化している。また、今月半ばに発表されたイ
ンフレ指数は2005年9月以来で最大の上昇率を記録し、米連邦公開市場委員会(FOMC)
による追加利下げの観測が後退していることも、ドルの支援材料となっている。テク
ニカルで見ると、実線は6/22高値(124.14)と10/15高値(117.94)を結んだ長期の上値
抵抗線突破に成功している。均衡表上では、遅行線が26日前の基準線を上抜けしてお
り、基調の強まりが示されている。本日は欧州市場がボクシングデーで休場の為、ク
リスマス休暇明けのNY勢の動きに注目が集まっている・・・・ということですが、昨日は
みなさんトレードは休まれたことでしょう。今日はNYタイムどう動くでしょうね?


 今日は利食いと損切りについて少々・・・・。



 おはようございます。FX大好きママです。


 欧米の主要中央銀行による世界的な信用逼迫に向けた対応策が効を相し、市中銀行の
借り入れコストが低下していることを受け、低金利通貨で資金を調達し、高金利通貨
で運用する「キャリートレード」が活発化している。また、20日に発表された米国の
第3四半期GDPでは、前年比で+4.9%と事前予想通りの結果となり、米経済の成長は継
続しているとの見方が強まり、再びドルが買い戻される展開となっている。さらに、
今月半ばに発表されたインフレ指数が2005年9月以来で最大の上昇率を記録したこと
で、米連邦公開市場委員会(FOMC)による追加利下げの観測が後退していることも、ド
ルの支援材料となっている。テクニカルで見ると、実線は6/22高値(124.14)と10/15
高値(117.94)を結んだ長期の上値抵抗線突破に成功している。均衡表上では、遅行線
が26日前の基準線を上抜けしており、基調の強まりが示されている・・・ということですが、
昨日は小動きながらも満足のいくトレードができました。


 では、私の昨日のトレードを少々・・・・。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 ドル円は上値抵抗になっていた均衡表の雲の上限(113.54)の突破に成功したことで上値余地が広がっている。ボリンジャーバンドが水準を切り上げる中、実線は+1σのサポートを受けた動きが予想される。目標は+2σ(114.77)や節目115円と見る・・・ということですが、金曜の上昇はすごかったですね~。私もオージー円やユーロ円では恩恵を受けることができました。


 では、私の金曜のトレードを少々・・・・。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 いきなり私事で申し訳ないのですが、exciteメール、どうも木曜深夜からメンテナンスしていたようで・・・・(知らなかったのです)昨日までずっとログインできず、昨日夜やっとログインしたのですが、今までのメール、アドレス帳、すべて消えておりました・・・・。バックアップとか、まったくしてなかった私、泣けてきます。Lumiminさん、そういうわけで、メールアドレス控えてなかったおばかな私はお返事ができません。(汗)申し訳ありませんが、またメールください。(涙)そして、ブログ左のプロフィールのところの「ご用のかたはこちらへどうぞ」からメールしてくださった方、もしかしたら消えてしまっているかもしれませんので、お手数おかけしますが、またメールしてください、申し訳ありません。


 今日は、また新たなポートフォリオをご紹介です。




 
 おはようございます。FX大好きママです。


 21日NY時間のドル・円相場は11月7日以来となる114円台を突破するなど、強含みで推移
した。序盤発表の米11月個人所得は予想より悪化したものの、米11月PCEコア・デフレ
ータや米11月個人支出が軒並み強い結果となったことで、インフレ懸念が台頭し、さ
らにNYダウが寄り付きから反発して取引を開始したことを好感して、ドル買いに傾斜
する格好となった。その後米12月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値をこなしなが
ら、引き続き堅調地合いを保ち114円台乗せを達成した。ただ、その後はクリスマス
休暇前の様子見ムードと高値への達成感からか、114.10円台付近での落ち着いた動き
となった。一方、カナダドル・円は一段高。加10月小売売上高が市場予想を上回る結
果となり、また欧米株価が上昇していることからリスク許容度の増した投資家らによ
る円売りが支えとなり、クロス円が全般的に上昇し、カナダドル・円は11月15日以来
となる115円台まで急伸した・・・・ということですが、ドル円昨日ついに114円まで
乗せてきました。保身に回ってるのであまりポジもとらずだらだらしてる私、もうちょい
積極的にいけばよかったなあ~~。(涙)


 今日は、来週のことなどを少々・・・・。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 20日は中国人民銀行が今年6回目となる基準貸出金利と預金金利の引き上げを発表し
たことで円の買戻しが入る展開となった。ただ、NY時間に発表された米国の第3四半
期GDPは前年比で+4.9%と事前予想通りの結果が出たことで、米経済の成長は継続し
ているとの見方が強まり、再びドルが買い戻される展開となった。17日に発表された
第3四半期の経常収支赤字額が過去2年間で最低に縮小したほか、対米証券投資額も事
前予想の2倍に拡大し、先週発表のインフレ指数も2005年9月以来で最大の上昇率を記
録しており、景気後退(リセッション)を回避するための米連邦公開市場委員会
(FOMC)による追加利下げの観測が後退している。均衡表で見ると雲の上限(113.54)に
上値を抑えられているが、同水準を突破できれば上値余地が広がってくると考える・・・
ということですが、昨日はなんだかだるくてやる気おきなかったです。今日もいままで終業式
に出てました。チャンスがあればしようかと思いますが・・・。


 では、私の昨日のトレードを少々・・・・。


 
 おはようございます。FX大好きママです。

 信用収縮の緩和に向けた協調政策の一環として19日に米連邦準備制度理事会(FRB)と
欧州中央銀行(ECB)ならびにスイス国立銀行は計340億ドル規模の資金供給を行った。
前日にはECBが過去最大級となる3486億ユーロ(約57兆円相当)の資金供給を行ってお
り、リスク許容の回復につながるとの見方が強まった。17日に発表された第3四半期
の経常収支赤字額が過去2年間で最低に縮小したほか、対米証券投資額も事前予想の2
倍に拡大し、先週発表のインフレ指数も2005年9月以来で最大の上昇率を記録してお
り、米連邦公開市場委員会(FOMC)による追加利下げの観測が後退しドル買いの動きが
優勢になっている。本日は第3四半期のGDPの発表を控えており、その結果に注目が集
まっている・・・ということですが、昨日ドル円ロングしようか迷ったんですが、結局しませんでした。
というか、もうやはり基本年内は店じまいで冒険はなしということでいきたいと思います。(たぶん…・)


 では、私の昨日のトレードを少々・・・・。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 19日、欧州中銀(ECB)は金融市場の逼迫を回避するために3486億ユーロ(約57兆円)
の資金供給を行った。金融市場への流動性の供給はリスク許容の回復につながるとの
見方からキャリートレードが再開し円安の流れが強まった。また、米国の経済指標を
見ても米第3四半期の経常統計は赤字額が過去2年間で最低に縮小する一方で、対米証
券投資額は1140億ドル(前回264億)と事前予想の500億ドルの2倍に膨らんだことが明
らかになった。先週発表のインフレ指数も2005年9月以来で最大の上昇率を記録して
おり、米連邦公開市場委員会(FOMC)による追加利下げの観測が後退しドル買いの動き
が優勢になっている。ただ、インフレ加速が米国の経済成長を抑制するという見方も
あることから、ドルを一方的に買い進む動きにはなっていない・・・ということですが、
ドル円が力強い上昇を見せるのであれば飛びつきたいところですが・・・・どうでしょうね?


 では、私の昨日のトレードを少々・・・・。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 17日に発表された米第3四半期の経常統計は赤字額が過去2年間で最低に縮小した。一
方で、対米証券投資額は1140億ドル(前回264億)と事前予想の500億ドルの2倍に膨ら
んだことが明らかになった。先週発表のインフレ指数も2005年9月以来で最大の上昇
率を記録しており、米連邦公開市場委員会(FOMC)による追加利下げの観測が後退しド
ル買いの動きが優勢になっている。ただ、インフレ加速が米国の経済成長を抑制する
という見方から米国株は下落しており、低金利通貨で資金を調達し、高金利通貨で運
用する「キャリートレード」の解消が進んでいる。均衡表の雲の上限(114.23)や、
6/22高値(124.14)と10/15高値(117.94)を結んだ延長線(114円付
近)に上値を抑えられる可能性があり、一段の上昇には懐疑的な見方も出ている・・・
ということですが、昨日もドルが強かったですね、でも、ドル円は上値が重そうな感じです。


 では、私の昨日のトレードを少々・・・・。


 
 おはようございます。FX大好きママです。

14日に発表された米11月消費者物価指数は、前月比で+0.8%(前回0.3%)と事前予想
の0.6%を上回り2005年9月以来で最大の上昇率となった。13日発表の小売売上高と生
産者物価指数も事前予想を上回る結果を示しており、米連邦公開市場委員会(FOMC)に
よる追加利下げの観測が後退しドル買いの動きが優勢になった。ただ、インフレ加速
が米国の経済成長を抑制するという見方から米国株は下落しており、低金利通貨で資
金を調達し、高金利通貨で運用する「キャリートレード」の解消が進んだ。テクニカ
ルで見ると、実線は11/14高値(111.75)と11/30高値(111.23)を結んだネックライ
ン(111円付近)を完全に上抜けたことで戻り基調が強まり、実線は均衡表の雲の下限
(113.73)付近までの上昇を見せている。ただ、均衡表の雲の上限
(114.23)や、6/22高値(124.14)と10/15高値(117.94)を結んだ延長線に上値を
抑えられる可能性があり、一段の上昇には懐疑的な見方も出ている・・・・ということですが、
さて、金曜めちゃめちゃ強かったドル、今週はどうでしょうね~。


 では、私の金曜のトレードを少々・・・・。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 今日はまず1000通貨単位でトレードできる業者をご紹介します。初心者の方、資金が少額な方、トレードに自信のない方はぜひ1000通貨単位でトレードしていただきたいです。そしてうまくいけば1万通貨単位にステップアップしていけばよろしいかと思います。
 

「外為どっとコム」初めての方にオススメ
あまりにも有名な「外為どっとコム」。情報が充実しており、チャートも見やすいです。

サイバーエージェントFX
ここも1000通貨単位で取引できます。もちろん1万通貨単位でも可能、レバ100倍も魅力。
ジャパンネット銀行
ジャパンネット銀行が提供する外国為替保証金取引。普通預金からすぐ資金移動できるので便利ですね。1000通貨単位でできる会社は少ないので、特に初心者の方におすすめです。


 今日は、まったくの独り言です・・・・。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 14日NY時間のドル・円は、引き続き上昇。序盤は本日重要視されていた米11月消費者
物価指数(CPI)や米11月鉱工業生産発表があり、おおむね市場予想を上回る好
結果による安心感と欧州市場での仕掛け的なドル買い圧力の余韻から、ドル買い
・円売りの流れに加速がついた。本日高値となる113.50円台をつけると、ストップ
ロス観測を警戒して一旦は上値追いが落ち着き、一服。また強い指標結果を受
けたインフレ懸念拡大が株安に追随しかねないことや米利下げ観測の後退に影響
するおそれがあることから、積極的なドル買いは手控えられた模様。
一方、ユーロ・ドルは週末の利食い売りやドル買い優勢の展開に押され、下値を
拡大し1.4410ドル台までユーロが売られた。この流れを受け、ユーロ・円も一時
は163.20円台まで下落し、売買が拮抗する場面も見られたが終盤は163円半ばで
落ち着いた・・・ということですが、昨日のドル買いはすごかったですね~、ちなみに
昨日はお休みモードに入ってましたので、完全に入りそこね、見てるだけ状態でした。(涙)
まあ、でももう今年もほぼ終わりですし、それでもよいかな~と思ってます。来年へ
向けての戦略も練っていきたいところです。


 今日は、年越しに向けた各国中央銀行の資金供給策のことについて少々・・・・。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 13日に発表された米国の小売売上高と生産者物価指数が事前予想を上回り、米国がリ
セッション(景気後退)に陥る可能性が後退しドル買いの動きが優勢になった。米連
邦公開市場委員会(FOMC)による追加利下げの観測が後退する一方で、連邦準備制度理
事会(FRB)による欧米の中央銀行5行との協調的資金供給では信用市場での逼迫は緩和
しないとの見方もあり、強弱感が交錯し今後の見通しが読みにくくなっている。ただ
テクニカルで見ると、実線は11/14高値(111.75)と11/30高値(111.23)を結んだ
ネックライン(111円付近)から切り返しており、戻り基調の強まりが示されている・・・・
ということですが、昨日は一昨日の上げから一転して下げて、でも、ドル円はまた復活
し、ドルストレートでもドルがかなり買われましたね。今日はどうなることやらです。


 では、私の昨日のトレードを少々・・・・。



 おはようございます。FX大好きママです。

 連邦準備制度理事会(FRB)が欧米の中央銀行5行と協調し、信用市場での逼迫緩和を目
指して資金を供給すると発表した。銀行の資金繰りが改善し米国がリセッション(景
気後退)に陥る可能性が後退したことを受け、キャリートレードが再び活発化し円安
が進んだ。テクニカルで見ると、実線は11/14高値(111.75)と11/30高値(111.23)
を結んだネックライン(111円付近)から切り返しており、戻り基調の強まりが示され
ている。転換線が基準線に重なり、ゴールデンクロスを形成しつつある・・・という
ことですが、昨日は燃える値動きでしたね、私、ここのとここう、もう年内は終わりムードに
なってたんですが、昨日は久々夢中になってしまいました。(笑)


 では、私の昨日のトレードを少々・・・・。


 
 おはようございます。FX大好きママです。

 米連邦公開市場委員会(FOMC)が0.25%の利下げを行った。一部で0.50%の利下げ予想
も出ていたため失望売りが進んだ。米国のリセッション(景気後退)を回避するには
不十分との見方からリスク回避の動きが強まり、円キャリートレードの解消が進み、
円の買戻しが膨らんでいる。テクニカルで見ると、実線は11/14高値(111.75)と
11/30高値(111.23)を結んだネックライン(111円付近)を再び割り込み、110円台に
押し戻されている・・・ということですが、下げるときは本当にあっという間ですね、
しかしFOMC,いつも思うのですがず~っと起きておくのも厳しいし、寝てまた
起きるのもしんどいし・・・深夜0時ぐらいにしてくれたらなあ~。(笑)


 では、私の昨日のトレードを少々・・・・。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 10日に発表された米10月中古住宅販売成約件数は+0.6%と悪化予想の-1.0%を上回
り、前回値も上方修正された。また、7日発表の米11月雇用統計では非農業部門雇用
者数が+9.4万人と事前予想の8.0万人を上回り、同じく前回値も上方修正されたこと
で米経済がリセッション(景気後退)に陥るとの見方が後退している。本日開催が予
定されている米連邦公開市場委員会(FOMC)での利下げにより、キャリートレードが
活発化するとの見方が強まり円売りの動きが優勢となっている。ただ、信用市場での
損失はまだ拡大するとの見方はくすぶっており、ドルは対円以外の通貨に対しては上
値の重い展開となった。テクニカルでは11/12からの動きを見ると、ヘッド・アンド
・ショルダー・ボトムを形成し、相場反転の兆しが示されている・・・・ということですが、
昨日は主人のボーナスDayでしたが、私もユーロ様にプチボーナスをいただきました。(笑)


 では、私の昨日のトレードを少々・・・・。


 
 おはようございます。FX大好きママです。

 
 7日に発表された米11月雇用統計では非農業部門雇用者数が+9.4万人と事前予想の8.0
万人を上回り、前回値も上方修正されたことで米経済がリセッション(景気後退)に
陥るとの見方が後退した。ブッシュ大統領は6日、サブプライム住宅ローンを対象に
金利を一定期間凍結する計画を発表しており、11日の米連邦公開市場委員会(FOMC)
での0.50%の利下げ観測は後退している。ただ、信用市場での損失はまだ拡大すると
の見方はくすぶっており、ドルは対円以外の通貨に対しては上値の重い展開となっ
た。テクニカルでは11/12からの動きを見ると、ヘッド・アンド・ショルダー・ボト
ムを形成し、相場反転の兆しが示されている・・・ということですが、金曜の雇用統計
、みなさんうまく波にのれたでしょうか?私はユーロ円などロングしました。



 では、私の金曜のトレードを少々・・・・。



 おはようございます。FX大好きママです。

 7日NY時間のドル・円相場は小幅高。注目されていた米11月雇用統計が市場予想値を上回ったことを受けて買いが先行となった。しかし、5日の11月ADP全国雇用者数ほどの水準に達していないことや、9月分の大幅な下方修正に加え、12月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値が市場予想値とほぼ変わらなかったことから、株式市場が軟調な動きとなり111.40円台まで反落となった。その後は、株式市場が持ち直したことで再び反発を見せるものの、112円台手前からはオプション絡みの売りも控えている模様で揉み合いながらも111.60円台での推移となっている。一方、その他クロス円では、スイスフラン・円が一時、11月30日以来となる99円台手前まで上昇する場面も見られた・・・ということですが、昨日は思ったよりも小動きでしたね。私はユーロロングで行きました。


 今日は、次のイベント、FOMCについて少し・・・・。



おはようございます。FX大好きママです。


6日欧州時間のドル・円相場は往って来い。欧州通貨で円買いが活発化したことにより
、ドル・円もその勢いにつられ本日最安値を更新し一時110.60円台まで値を下げた。
ただし、対欧州通貨ではドル買いが進んでいたことから、それ以上の下値拡大に
は至らず、110.90円台まで値を戻した。また、その後に英欧金融政策発表が控えて
いた事から、市場参加者からは動向を見極めたいとの声も聞かれた。一方、ユーロ
・円はもみ合い。序盤は短期筋からのポジション調整のユーロ売り・円買いの動き
により、本日最安値となる161.10円台まで下落した。しかしその後は、ECB政策金
利発表やトリシェECB総裁の会見を待つムードの中、じりじりと値を戻し161.50円
付近でこう着した展開となった。
NY時間のドル・円相場は上昇。ブッシュ米大統領によるサブプライムローンの借り
手救済策(5年間の現行金利凍結など)が発表されたほか、ポールソン米財務長官
の記者会見などを受けてドル・円は堅調推移となった。同救済策は一部報道どおり
の内容となったが、事前に期待感から米株式が堅調推移となっていたこともリスク
回避の動きを低下させた模様。発表前は111.30円台まで上昇後に軟化する場面も
見られたが、発表後に米株式がさらに上げ幅を拡大したことなどを背景に、一時
111.40円台と11月15日以来となる水準まで上値を伸ばした・・・ということですが、
昨日は欧州通貨売りがすごかったですね、強いドルを少し見せていただきました。


 では、私の昨日のトレードを少々・・・・。



 おはようございます。FX大好きママです。


5日は発表された米11月ADP雇用統計と10月製造業受注が予想外に拡大し、第3四半期
の非農業部門労働生産性も上昇したことで、米経済がリセッション(景気後退)に陥
る懸念が後退しドルの買戻しが入った。ただ、信用市場での損失はまだ拡大するとの
見方や、今週末に発表を控えている米11月雇用統計の悪化予測や11日の米連邦公開市
場委員会(FOMC)での追加利下げ観測など、目先のドル売り材料もあることから、強
弱感が交錯し方向感の無い展開が続いている・・・・ということですが、昨日は
ばたばたしていて、なんか完全に流れに乗り遅れました。(涙)


 では、私の昨日のトレードを少々・・・・。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 好悪の材料が交錯し方向感の無い展開が続いている。ポールソン財務長官が、政府と
銀行がサブプライム住宅ローンの借り手を救済する計画を早い時期に発表すると明ら
かにした一方で、信用市場での損失はまだ拡大する可能性があるとの見方もあり、米
国が景気後退(リセッション)に陥るとの観測も示されている。今週末に発表を控えて
いる米11月雇用統計の悪化予測や11日の米連邦公開市場委員会(FOMC)での追加利下
げ観測など、目先のドル売り材料もありドル離れの動きも見られる・・・ということですが、
なんかだらだらと下げていってますね、ドル円。今日はどうなるでしょうね~。

 では、私の昨日のトレードを少々・・・・。



 
 おはようございます。FX大好きママです。


 好悪の材料が交錯し方向感の無い展開が続いている。バーナンキ米連邦準備制度理事
会(FRB)議長は講演の中で、景気テコ入れのために追加利下げを実施する可能性を示
唆し、ポールソン財務長官も、政府と銀行がサブプライム住宅ローンの借り手を救済
する計画を早い時期に発表することを明らかにした一方で、今週末に発表を控えてい
る米11月雇用統計の悪化予測や11日の米連邦公開市場委員会(FOMC)での追加利下げ
観測など、ドル売りの材料も示されている・・・ということですが、本当に昨日は
方向感があまりなかったですね、こういうときは早く寝たほうがいいですね。


 では、私の昨日のトレードを少々・・・・。




 
 おはようございます。FX大好きママです。


 30日は世界的な株高の影響でキャリートレードが進み、円が弱含みする展開となっ
た。バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が講演の中で、景気テコ入れのため
に追加利下げを実施する可能性を示唆し、ポールソン米財務長官がサブプライム住宅
ローンの変動金利を一時的に固定化する案を銀行と検討しているとの報道が影響し、
今まで売られていたドルを買い戻す動きが強まりドル円は111円台を回復した・・・と
いうことですが、ドル円が上昇したのもそうですが、ユーロドルがかなり下げましたね、
今週どうなるか注目してます。



 では、私の金曜のトレードを少々・・・・。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 30日欧州時間のドル・円は上伸。序盤は外貨建て投資信託の設定や米銀行でサブプ
ライムローンの金利引き上げを凍結するとの噂がでたことなどを背景に110.20
円台で推移したが、上値が抑えられたことやポジション調整のドル売りが入っ
たことで、一時110円近辺まで値を下げた。その後、欧州株に加え米国株価も
上昇するとの期待感からドル買い、円売りが継続的にでたことで、一時本日の
最高値となる110.80円台をタッチした後は、110.70円台前後で小動きとなった。
一方、ポンド・円は往って来い。クロス円での買いが強まったことを受けて、
229.30円台の高値を付けた。また一部では英企業の債券発行に絡んだポンド
買い・ドル売りも散見されたと囁かれた事で、ポンド・ドルは2.0690ドル台
をヒットした後に2.0660ドル台まで下落するなど荒い値動きとなった。

NY時間のドル・円は小幅高。序盤は欧州株が堅調に推移したことや、米株価先
物の上昇を背景にドル買い・円売り優勢の展開となった。NYダウが一時前日比
100ドルを越える上げ幅を記録したことも後押しし、111.20円台まで上昇。そ
の後は米株価の伸び悩みにより一旦は弱含むも、じりじりと値を上げ111円付
近で推移した。一方ユーロ・円は反落。ECBの政策金利据え置き観測が一部情
報機関から報道されたことをきっかけにユーロ売りが先行。本日高値圏から約
1円ほど下落し、162.30円台をつけた。ユーロ・ドルも追随する格好となり、
11月20日以来となる1.47ドル台割れとなった・・・・ということですが、昨日はユーロドルが
すごかったですね、かなり下げましたが来週はどうなるでしょうね?



 今日は、私が思っていることをいろいろと・・・・。



SEO対策:スワップSEO対策:外国為替