FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。
 
 おはようございます。FX大好きママです。


 金曜日のニューヨーク時間には注目の米第1四半期GDPが発表されたが、その結果は前期比年率+1.3%と、予想をやや大きく下回った。それを受けてドル売りが一気に加速し、ドル円は一時118円90銭近辺にまで下落した。
 しかし、このところの米国経済指標の多くが悪結果になっていたためか、このGDPの悪結果については織り込まれていた面もあった。そのためGDPの悪結果を受けたドル円下落はごく一時的にとどまり、その後発表された米4月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値が好結果となった事でドルショートカバーが入り、本日高値となる119.70円台まで急反発。また、インフレ見通し引き上げやクロス円上昇もドル買いの支援材料となった模様でドル円は119円台を推移した・・・ということですが、金曜日にふさわしい、スリリングな値動きでしたね~。

 さて、私の金曜のFXトレードは・・・?


→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト






 こんばんは。FX大好きママです。


 今日はみんながお風呂に入ってる間に更新です。金曜はユーロ円がすごかった・・・。最後は162.91からロングさせていただきました。もう手仕舞いしましたが・・・。明日からはまたどうなるんでしょうね?今週は木曜から主人の実家に里帰りしますので、雇用統計祭りには参加できません。残念・・・。

 今日はまた私のFXについて少々昔話を・・・。先週の続きです。




 
 おはようございます。FX大好きママです。


 ドルが対ユーロで過去最安値を割り込まなかったことからドル下落観測が弱まり、急速にドルが買い戻される展開となった。また、26日に発表された耐久財受注が改善したことや、ベージュブックで大半の地区で経済が緩やかな拡大を続けていることが示されたことで、米国の利下げ観測が後退していることもドルの支援材料となった。しかし、今年の後半には連邦公開市場委員会(FOMC)が利下げに踏み切る可能性が依然として高いため、一段のドル買いには警戒があり、上値が抑えられる展開となっている・・・ということですが、ついにドル円、上抜けです。ドル少し強くなってくれましたが、どうなるでしょうね~。

 さて、私の昨日のFXトレードは・・・?




 
 おはようございます。FX大好きママです。


 25日に発表された米3月新築住宅販売件数が事前予想を下回ったため、ドル売りの動きが強まり、対ユーロで過去最安値(1.3666)まで下げる展開となった。ただ、同時刻に発表された耐久財受注が改善したことや、ベージュブックで大半の地区で経済が緩やかな拡大を続けていることが示されたことでドル売りの動きは一時的なものにとどまった。しかし、今年の後半には連邦公開市場委員会(FOMC)が利下げに踏み切る可能性が高いため、ドルが圧迫される要因の一つとなっている・・・ということですが、ドル、少し戻したかと思えば、また激しく売られますね~、しかもドル円ほとんど動かないし・・・。

 さて、私の昨日のFXトレードは・・・?



 おはようございます。FX大好きママです。


 24日に発表された米3月中古住宅販売件数は前月比で-8.4%と2003年6月以来の低水準を記録した。また、消費者信頼感指数も事前予想を上回り米国景気の鈍化を示す兆候が示されたことで、今年の後半には連邦公開市場委員会(FOMC)が利下げに踏み切る可能性が高まった。利下げ観測を材料にドルは対ユーロで弱含みしており、過去最安値となる1.3666に迫る展開となっている。ただ、ユーロドルの影響でユーロ円がつれ高しており、ドル円の下値が支えられる展開となっている・・・・ということですが、ほんともういい加減このドル円のいらいらする動き、なんとかして~!

 さて、私の昨日のFXトレードは・・・?



 おはようございます。FX大好きママです。


 23日は米格付け会社スタンダード&プアーズが日本の長期格付けを「AA」に引き上げたことから、円建て資産の魅力が改善し円が買い戻される展開となった。ただ市場への影響は限定的で、結局はレンジ内の動きにとどまった・・・ということですが、昨日も行ったり来たりでしたね~、いつもドル円の気持ちよい上げを期待してるんですが、また裏切られちゃいました。

 さて、私の昨日のFXトレードは・・・?



 おはようございます。FX大好きママです。


 中国が景気過熱を抑えるために政策金利を引き上げるとの観測や、日銀の利上げ観測を背景にリスク資産から資金を引き上げる動きが強まり、ドル円は一時118円を割り込む展開となった。また、週初に発表された米インフレ指標の低下で連邦公開市場委員会(FOMC)が年内に利下げに踏み切るとの観測が強まる一方で、欧州中銀(ECB)や英国中銀(BOE)は追加利上げ観測を強めていることから金利格差を材料に、対欧州通貨でドル売りが進んでいることもドル円の圧迫要因となっている・・・ということですが、金曜は値動きおとなしめでしたね。先週ずっと動き激しかったからそう思うだけ???

 さて、私の金曜のFXトレードは・・・?


 
 こんばんは。FX大好きママです。

 不良主婦なので、こんな時間に更新です。(笑)金曜はドル円の動きに超・注目していたのですが、期待を裏切られてしまいました。仕方ないので一段の伸びを期待していたポジションは閉じました。

 今日は私のFXについて少々昔話を・・・。話が長いので多分今日だけでなく連載になるのではと思いますが・・・。


 おはようございます。FX大好きママです。


 中国が景気過熱を抑えるために政策金利を引き上げるとの観測や、日銀の利上げ観測を背景にリスク資産から資金を引き上げる動きが強まり、ドル円は一時118円を割り込む展開となった。また、週初に発表された米インフレ指標の低下で連邦公開市場委員会(FOMC)が年内に利下げに踏み切るとの観測が強まる一方で、欧州中銀(ECB)や英国中銀(BOE)は追加利上げ観測を強めていることから金利格差を材料に、対欧州通貨でドル売りが進んでいることもドル円の圧迫要因となっている・・・ということですが、昨日のドル円の動きは大変に刺激的なものでした・・・。

 さて、私の昨日のFXトレードは・・・?



 おはようございます。FX大好きママです。


 短期筋が利益確定に動いためキャリートレードが手仕舞われ、円が買い戻される展開となった。また、消費者物価指数の悪化などを受けて、米連邦公開市場委員会(FOMC)が年内に利下げに踏み切るとの観測が強まっている。一方で、欧州中銀(ECB)や英国中銀(BOE)は追加利上げ観測が広がっており、金利格差を材料にした売買が進み、対欧州通貨でドル売りが進み、対円でも上値を抑えられる状況となっている・・・、ということですが、ドルは本当に毎日毎日よく売られますね、たまにはドル最強なところ、見たいです。

 さて、私の昨日のFXトレードは・・・?


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 17日に発表された米3月消費者物価指数はコア指数が下落。鉱工業生産指数も低下したことを受けて米国の景気減速感が強まった。米連邦公開市場委員会(FOMC)が年末にかけて利下げを行うとの観測が強まったことでドルは主要通貨に対し下落し、対円では節目119円を割り込む展開となった。ただ、市場全体では先週末のG7(先進7ヶ国財務相・中央銀行総裁会議)で円安是正が求められなかったことから円安が進んでお
り、ドル円は下値を支えられる状況となっている・・・ということですが、今日もドル円がクロス円引っ張る下げを見せてますね、ただの押し目か、下げの始まりか、とりあえず今のとこ様子見です。

 さて、私の昨日のFXトレードは・・・?



 おはようございます。FX大好きママです。

 16日に発表された米3月小売売上高は0.7%(前回0.1%)と改善予想0.6%を上回った。先週発表の3月生産者物価指数も上昇しており、米国の物価インフレは継続しているとの見方が強まっている。また市場全体では先週末のG7(先進7ヶ国財務相・中央銀行総裁会議)で円安是正が求められなかったことから円安が進み、ドル円は節目120円に迫る上昇を見せた・・・ということですが、ドル円のこのじれったい動きに私は振り回されています。(笑)

 さて、私の昨日のFXトレードは・・・?



 おはようございます。FX大好きママです。


 先週末の為替市場は大荒れ。ドル/円相場はロンドン市場で一時118.25円レベルまで下落したものの、その後NYに入ると119円半ばまでドルは急騰となった。ロンドンタイムはG7を前にした円やスイスの買戻しが先行。また発表されたミシガン大学消費者信頼感指数速報の悪化もドル売りを誘っていた。しかし、G7関係筋による「今回のG7声明で為替に関する文言に変更は無い」あるいはユンケル・ルクセンブルク首相による「為替に関してはエッセンG7声明を繰り返す」との発言を受けて、ドルは逆行高に。先週末に実施されたG7で円に対する目立った合意はなし。声明においても円相場に関する記述はなく、それを受けて本日早朝のオセアニアタイムでは、ギャップを空ける格好で円が対ドル、ユーロなどで大きく売り込まれている。マーケットでは円売り安心感を指摘する声が多く聞かれており、今後クロスではさらに続落する展開を否定出来ないだろう・・・ということですが、まだまだ円安&ドル安は続くんでしょうか?

 さて、私の昨日のFXトレードは・・・?


 
おはようございます。FX大好きママです。


 欧州時間のドル円は続落。G7を控えたポジション調整が入り、東京時間より約40銭ほどじりじりと値を下げた。途中、G7でのサプライズはないとの見方から円売りが優勢になる場面も見られたが、対欧州通貨でのドル売りにおされ、再び軟調推移となった。一方ユーロ円は小反発。序盤は円売りを整理する動きが強まり、一時159.90円台まで下落するもユーロ圏鉱工業生産の好結果を受け20銭ほど反発。一旦上昇した後、その後はイベント前の調整を受け上値は限定的となった。NY時間のドル円相場は急伸。序盤、米4月ミシガン大消費者信頼感指数が予想を下回る結果を受けドル売りで反応したが限定的に留まった。その後G7会合を前に、一部総裁からの円キャリー取引は議題にならないとの発言を受けて円売りが加速し、ドル円は一時119.50円台を付けた。しかし、119円台半ばには通貨オプション取引に絡んだ円買いや国内輸出企業からの円買・ドル売りが多数控えているためこのレベルからの上値は重い模様で、119.10円台で落ち着きを見た。一方、ユーロ円は161円台のオプションバリアーをつけて一時、161.40円台をヒット。また、オセアニア通貨は豪ドル円が99.30円台、NZドル円は88.00円台まで大幅高となり、高値圏を維持してひけた・・・ということですが、金曜の夜にふさわしい、しびれるような値動きでしたね、できれば金曜は1日張り付きたかったです。

 今日も私の独り言を少々・・・。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 11日に公表されたFOMC議事録ではインフレを抑制するため一層の利上げが必要になるかもしれないとの認識が示されたものの市場へのインパクトは弱く、特に材料視される事は無かった。一方で昨日開催された欧州中銀(ECB)の政策委員会ではトリシェ総裁がさらなる利上げの可能性を示唆したことでユーロ買いが進み、ユーロドルは2005年1月以来となる1.35台を達成した。ドル円は節目119円を挟んだもみ合いに終始した。本日発表が予定されている米2月貿易収支の結果には注意したいところ・・・ということですが、今日も朝から元気よくドルが売られています。

 さて、私の昨日のFXトレードは・・・?


 おはようございます。FX大好きママです。


 11日に公表されたFOMC議事録ではインフレを抑制するため一層の利上げが必要になるかもしれないとの認識が示されたことで米国の利下げ観測が後退したことでドルを買う動きが強まった。また、国際通貨基金(IMF)ジョンソン調査局長がキャリートレード(金利の低い通貨で資金を調達し高金利通貨で運用する動き)に言及し、これを抑えるような大掛かりな介入は必要ないと述べたことで、円安が進みドルが買われる展開となっている・・・ということですが、もう、G7が終わるまで様子見したい水準ですね・・・。

 さて、私の昨日のFXトレードは・・・?


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 イースター休暇が明けると、市場はユーロ買い・オセアニア通貨買いで反応した。6日に発表された米3月雇用統計の改善を材料にしたドルの上昇は一時的で、ドル円は節目119円を挟んだ動きに終始した。金利の低い円で資金を調達し、高金利通貨で運用する動き(円キャリートレード)が強まっているものの、金利先高観のあるユーロやオセアニア通貨に資金が流入しており、景気減速懸念のあるドルから資金が流出している・・・・ということですが、ほんとドルはどこまで売られちゃうんでしょうねえ。

 さて、私の昨日のFXトレードは・・・?


 おはようございます。FX大好きママです。


 欧州及びオセアニア地域がイースター休暇のため取引は閑散としておりドル円は小幅の値動きにとどまった。6日に発表された米3月雇用統計では失業率が改善し、非農業部門雇用者数も18.0万人(前回9.7万人)と事前予想の13.0万人を上回ったことで、次回のFOMCの利下げ観測が後退した。また、金利の低い円で資金を調達し、高金利通貨で運用する動き(円キャリートレード)が強まっており、金利格差を材料にしたドル買い需要がドルの支援材料になっている。ドル円は119円台を維持しているものの、薄商いの中、値動きが激しくなったとの見方もあり、一段の上昇に対する懸念も残されている・・・ということですが、なんとも眠たくなる値動きです、やりづらいです・・・。

 さて、私の昨日のFXトレードは・・・?


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 6日に発表された米3月雇用統計では失業率が4.4%と前回の4.5%からの改善を見せた。また、非農業部門雇用者数変化は18.0万人(前回9.7万人)と事前予想の13.0万人を上回り、米連邦公開市場委員会(FOMC)が第3四半期に利下げするとの思惑が後退した。ドル円は再び119円台を回復しているが、イースター休暇ということもあり薄商いの中、値動きが激しくなったとの見方もあり、一段の上昇に対する懸念も残されている。ただ、金利の低い円で資金を調達し、高金利通貨で運用する動き(円キャリートレード)が強まっており、金利格差を材料にしたドル買い需要がドルの支援材料になる事が予想される・・・ということでしたが、雇用統計、思ったほど動きませんでしたね、ちょっと残念。(笑)

 さて、私の金曜のFXトレードは・・・?



 
 こんばんは。FX大好きママです。


 昨日の雇用統計はイマイチな動きでしたね~、できたらもっと激しく動いてほしかったです。(笑)ドルストレートなんでどれも500まではいいませんが300ぐらい落ちてほしいな~なんて妙な妄想抱いている私でございます。

 今日は、書きたかったけど時間がなかった4/5付けの恐ろし~いめーるについてと、あと独り言でございます。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 ユーロ圏の経済指標の発表を受けて欧州中銀(ECB)の利上げ観測が強まり、ユーロドルは一時1.3442と2005年3月以来の高値となった。一方でドル円は節目119円に抑えられ上値の重い展開となっている。市場では本日発表予定の米3月雇用統計の結果を見極めたいとする向きも多く様子見姿勢が強まりつつある。ただ、金利の低い円で資金を調達し、高金利通貨で運用する動き(円キャリートレード)が強まっており、金利格差を材料にしたドル買い需要がドルの買い支えの材料になってる・・・ということですが、ユロドル、また1.34台ですねえ、もういい加減強いドルになってほしいなあ・・・

 さて、私の昨日のFXトレードは・・・?



 
おはようございます。FX大好きママです。

 4日は世界的な株高を受け、金利の低い円で資金を調達し、高金利通貨で運用する動き(円キャリートレード)が強まるとの観測から円売りが進み、ドル円は節目119円を達成した。しかし米3月ISM非製造業景況指数が52.4(前回54.3)と事前予想の55.0を下回ったことで米連邦公開市場委員会(FOMC)が年内に利下げを行うとの見方が強まり、ドルは上値を抑えられる展開となった・・・ということですが、ドルはほんとかわいそうなぐらい売られていますね、オージーは強すぎ・・・。

 さて、私の昨日のFXトレードは・・・?



 おはようございます。FX大好きママです。


 3日に発表された米2月中古住宅販売成約指数は前月比0.7%増(前回-4.1%)と事前予想の-0.5%を上回り大幅な改善が示された。米国住宅事情の改善を受けて米連邦公開市場委員会(FOMC)による利下げ観測が後退している。また世界的な株高を受け、金利の低い円で資金を調達し、高金利通貨で運用する動き(円キャリートレード)が強まるとの観測から円売りが優勢になった・・・ということですが、2日みてないと、その状況にとけこむのが大変かも・・・。(汗)

 今日は、私の独り言いろいろです。


こんにちは。今日はケイタイからです。昨日無事私の里に帰省しました。子供達が新幹線に乗りたいと言うので、東京から九州までちょっと無謀な(笑)新幹線&特急の子連れ旅をしましたが、特急はすごく揺れるのです、それを忘れてました・・・次男がおもいっきり特急に酔って突然吐いてしまい・・・旅は何度もしていますが吐かれたのは初めてで、めちゃめちゃあわててしまいました。(汗)でも、実家は落ち着きます、特急から懐かしい田舎の景色をみながら、ああ、帰ったなあ・・・なんてしみじみ思ってしまいました。ではまた水曜に・・。



SEO対策:スワップSEO対策:外国為替