転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。
 
 おはようございます。FX大好きママです。
 

 10日、バーナンキ連邦準備制度理事会(FRB)議長はワシントンでの講演で、景気の下
振れリスクについて言及し、今月30日に予定されている米連邦公開市場委員会
(FOMC)での追加利下げの可能性を示唆した。この発言を受け、米国景気の後退を防
ぐために0.50%の大幅利下げに踏み切るとの見方が強まり、ドルは主要通貨に対し軒
並み下落する展開となった。さらに、欧州中銀(ECB)のトリシェ総裁がユーロ圏の
インフレ加速を容認しないとの発言をしたことからドルは対ユーロで売りが進み、対
円でもつれ安となった。ただ、利下げ観測を受けて株価が上昇したことを受け、一部
ではドルを買い戻す動きもありドル円は小幅の下落にとどまっている・・・・ということですが、
昨日はだいぶ振らされてしまいました…。ドル円は上へも下へも行けないような印象を
持ってます。

 では、私の昨日のトレードを少々・・・・。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト


 
 こんばんは。FX大好きママです。


 31日NY時間のドル・円は、一進一退。序盤は、不安定なパキスタン情勢を背景にした
地政学的リスクの高まりや米国株式市場の下落を受けたキャリートレード手仕舞
いによるドル売りから111.40円台まで下落。しかし、米11月中古住宅販売の市場
予想値を上回る結果を好感したドルのショートカバーにより111.90円台まで持ち
直した。ただ、欧州時間と同様に目新たらしい材料もないことから、その後は米国
株式市場の需給的な売りに連れ、111.70円台へ軟下した。一方、キャリートレード
の手仕舞いは株価の下落に伴い活発化し、ポンド・円は07年11月23日以来とな
る222円台割れ、カナダドル・円も07年12月21日以来となる113円台割れとなった
・・・・ということですが、今日もドル円は下落基調ですね。

 今日は、新年のご挨拶などを少々・・・・。


 
 こんにちは。FX大好きママです。


 本日は先週末ニューヨーク市場で散見されたドル売りが再現しつつあり米ドル・円が軟調に推移している。本年12月13日以来となる112円台割れとなっている ・・・・ということですが、ドル円111円台、ユーロドルも動いてくれてますね~!あああ~、トレードしたい、でも今の私にはそんな自由時間はないのです~・・・・。(涙)


 では、今日は嫁の独り言を少々・・・・。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 今日はまず1000通貨単位でトレードできる業者をご紹介します。初心者の方、資金が少額な方、トレードに自信のない方はぜひ1000通貨単位でトレードしていただきたいです。そしてうまくいけば1万通貨単位にステップアップしていけばよろしいかと思います。
 

「外為どっとコム」初めての方にオススメ
あまりにも有名な「外為どっとコム」。情報が充実しており、チャートも見やすいです。

サイバーエージェントFX
ここも1000通貨単位で取引できます。もちろん1万通貨単位でも可能、レバ100倍も魅力。
ジャパンネット銀行
ジャパンネット銀行が提供する外国為替保証金取引。普通預金からすぐ資金移動できるので便利ですね。1000通貨単位でできる会社は少ないので、特に初心者の方におすすめです。


 今日は、まったくの独り言です・・・・。


 
 おはようございます。FX大好きママです。


 23日欧州時間のドル・円相場は往って来い。序盤は、日本市場の休場で薄商いとなって
おり値動きが荒いとも聞かれた中、対ユーロなどでドルの買い戻しが優勢となった
ことからドル・円でもポジション調整のドル買いが見られ、108.50円台まで反発
した。しかし、その後はユーロ・ドルなどの下落に連れクロス円が下げ幅を拡大
すると、ドル売り圧力が強まり、再び107.70円台まで値を落とした。一方、ポンド
・円では英第3四半期GDP・改定値の結果が市場予想を下回ったことでポンド売りが
強まり、一時8月17日以来となる222円台割れとなった。ユーロ・円は対ドルでの
欧州通貨の売りが強まっている事を背景にユーロ売り・円買いが優勢となり160円台
割れとなった。また、欧州の金融当局高官からユーロ圏経済に対する悲観論やドル
の急速な下落に対し懸念したことも、ユーロ・円の下押し材料となったようだ。
 NY時間のドル・円は小締る。序盤は、欧州時間の流れを引き継ぎ107円台後半で上値の
重い値動きが続いていたが、米株式市場が上昇してスタートするとやや値を戻す展開
となり108円台を回復した。その後も、ダウ平均株価が13000ドル手前まで値を上げ
好調だったことからじり高となり、ドル・円は108.40円前後まで上昇した。一方、
独連銀総裁による今後の利上げを示唆する発言を受けてユーロ買いが優勢となり、ユー
ロ・円は160.70円台まで上伸、またユーロ・ドルは序盤はポジション調整の売りに押さ
れていたが、対円での買いに連れて1.4830ドル台で底堅く推移した・・・
ということですが、やはり人がお出かけしている間に激しく動いていたようですね、そして
深夜はまた回復・・・・ほんとどちらに行くの?って感じです。(笑)


 今日は、私が昨日、久々に投資本を立ち読みして思ったことを少々・・・・。


SEO対策:スワップSEO対策:外国為替