転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。中2、小6のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された注目の米・雇用統計ですが、7月非農業部門雇用者数は市場予想-32.5万人に対し結果-24.7万人と大変強い結果で2008年8月以来の低水準へ、失業率も市場予想9.6%に対し結果9.4%と、こちらも強い結果となりました。
このポジティブサプライズに市場は大きく反応、ドルは他通貨に対し急上昇し、大相場となりました。昨日は本当にすごかったですね~!ドル円は95円台前半から一気に上昇、97.78円の高値をつけ、97.56円で引けました。クロス円もストレートは下げたものの、このドル円の上昇を受けオージー円は81.91円まで大きく高値更新、ユーロ円は138.72円、ポンド円も163.06円の高値をつけています。
一方ユーロドルは1.43ドル台から大幅下落、一時1.4153ドルの安値をつけ、1.4182ドルで引けました。

さて、来週ですが、12日(日本時間13日3:15)にFOMC政策金利発表が予定されています。8月FOMCにおける金融政策変更はないとの予想ですが、9月FOMCでは0.5%へ利上げ観測も徐々に出てきており、年内利上げ観測が高まっている中でのFRB景気見通しについてなど、その声明文に注目です。あと、11日には日銀政策金利発表も予定されています。

来週の主な経済指標ですが、11日に英・6月商品貿易収支、加・7月住宅着工件数、12日に英・7月失業率/7月失業保険申請件数、欧州・6月鉱工業生産、BOE四半期インフレレポート、米・6月貿易収支、13日に独・第2四半期GDP、ECB月例報告、欧州・第2四半期GDP、米・7月小売売上高、14日にNZ・6月小売売上高指数、欧州・7月消費者物価指数、米・7月消費者物価指数、米・7月鉱工業生産、米・8月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値などが予定されています。

昨日の雇用統計で、相場の雰囲気ががらりと変わりましたが、来週も先週末の上昇基調を維持できるのか、週明けから楽しみです。


今日は、これまで当ブログで「いちばんニガテな通貨ペアを教えてください。」の題でアンケートを実施していたのですが、そのアンケートの経過のお知らせと、新アンケートについての記事です。 続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト



こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米3月新築住宅販売件数は、予想33.7万件に対し結果35.6万件と好結果となりました。また、3月耐久財受注も予想-1.5%に対し結果-0.8%と、予想より小幅な落ち込みに止まりました。
これら経済指標や米大手企業の強い決算を好感し、 NYダウ平均は24日、前日比+119.23ドルの8076.29ドルと、8000ドル台回復で引けました。
昨日もユーロが大きく上昇しました。独4月IFO景況指数が予想82.3に対し結果83.7の好結果を受けて、ユーロドルは1.3271ドルをつけました。また、昨日も対ポンドでユーロが買われたこともことなどでユーロは上昇し、NY時間には1.33ドルちょうどまで上昇し、終値は1.3241ドルとなりました。

来週はまた注目材料の多い週です。米政府が主要大手銀行に対し実施したストレステストへの思惑や、米自動車問題がどのような展開を見せるのかにも注目の中、まず政策金利関連ですが、29日にFOMC政策金利発表、30日にRBNZ政策金利発表、日銀政策金利発表が予定されています。米国と日本は据え置き、ニュージーランドが0.5%の利下げをし、政策金利は2.5%になるとの予想となっています。
そして来週の米国経済指標ですが、28日に2月S&P/ケース・シラー住宅価格指数、4月消費者信頼感指数、29日に第1四半期GDP・速報値、30日に3月個人所得/個人支出、3月PCEコア・デフレーター 、4月シカゴ購買部協会景気指数、5月1日に4月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値、4月ISM製造業景況指数などが予定されています。
米自動車問題についてですが、来週にもクライスラーが破産法適用申請をするのではとの報道もありますが、30日がクライスラー追加支援に関する政府の最終判断の期限となっています。破産法適用もある程度は織り込まれているのではと思いますが、やはり事実どうなるのか、その後の値動きにも注目です。来週も短い時間で決済をする方がよい流れになるのではと思っています。

今日は、昨日開催されたG7についてのまとめと、FX業者に対する規制強化・取引倍率の上限が20~30倍とする方向で調整されているとのニュースについて一言・・・。

★続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 
 よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ



こんにちは。FX大好きママしましまです。

今日はまずFX専業初の上場企業マネーパートナーズからのお知らせです。
 
マネーパートナーズ、またまた太っ腹キャンペーンを始めました!!今度のキャンペーン期間は2009年3月1日~2009年4月30日(5月10日午前5時55分)までです。今度のキャンペーンはまず新規口座開設だけ3,000円もらえちゃいます。そして10万円以上の新規入金だけでプラス2,000円いただけます!! 
 
そしてマネーパートナーズ、10,000通貨単位が最小取引単位である一般的なFX取引サービスの100分の1となる、なんと100通貨単位を最小取引単位とする新しいFXサービス『パートナーズFXnano』の提供をしているところに注目です。なんとドル円の証拠金200円ですので、超お手軽にFXをお試しすることができます。FXnano口座の開設には、パートナーズFXの口座開設が必要で、パートナーズFXの口座開設後はWEB上ですぐにnano口座の開設が可能です。資金移動もクリックのみで移動でき、大変便利です!持ち越しはできませんので、デモはいやだけどなるべく痛みを感じずにデイトレの練習をされたい、という方には超お勧めの『パートナーズFXnano』、今なら上記のとおり新規口座開設だけで3,000円もらえますし、興味がおありの方はぜひ口座開設して試してみて下さい!

マネーパートナーズはFX専業では数少ない上場企業です。もちろん信託保全(SG信託銀行)ですし、安心を求められる方にもぜひお勧めしたい業者さんです。
   
今日はやはり財政出動をめぐっては、米国と欧州の認識の違いが浮き彫りになってしまったG20財務相・中央銀行総裁会議についてと、気になる明日からの1週間の流れなどについて少々書きたいと思います。

★続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 
 よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ



こんにちは。FX大好きママしましまです。

週末はG7を前にドルが強い展開となりました。ドル円は引けにかけて上昇し一時92.14円を付けましたが、91.86円で引けました。ユーロドルも結局1.294ドルのラインを超えることができずドル買いとなり、1.2861ドルで引けています。
ローマで開催されたG7は昨日、世界経済と金融市場の安定を引き続き「最優先課題」と位置づけ、これに対処するために「あらゆる政策手段を用いて協働する」ことを盛り込んだ共同声明を採択して閉幕しました。この内容については後ほど記事にしたいと思います。あと、この週末には景気対策修正法案が上院・下院ともに可決で正式に成立する見通し、そしてしばらく忘れかけていたビック3問題ですが、GMが連邦破産法11条の適用を申請し、新たな会社として出直すことを選択肢の1つとして検討しているとのニュースも出てきております。
今週は今回のG7を受けてのの為替動向をまず見ていきたいと思いますが、為替については人民元について言及されたのみで円やポンドへの言及はなく、声明にはそう目新しい内容もなく、もともと「為替についてはとくに議題に上がらないのでは」、と見られていましたし、G7に関してはほとんど為替変動に影響は及ぼさないのではと思います。週明けはG7で目新しい内容が何もなかったということで、多少円高方向に進むかもしれませんが、個人的にはそこまでG7が売買の判断になる材料でもないかと思います。

今日は、今回のG7についてのもろもろ、その他景気対策修正法案、GM関連のニュースについてをとりとめもなくまとめ、あと今後のドル円についてなど少々書いております。では、続きをご覧ください。

★続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 
 よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村・ブログランキング 


 
 こんにちは。FX大好きママです。

 先週はドル円・クロス円とも大きく窓を開けての上昇で始りましたが、その上昇の流れは長くは続かず、水曜日にドル円・クロス円ともサポートを切って下落、特に欧州通貨は下げがきつくなりました。その売られた欧州通貨の中でも飛びぬけて弱いのがポンド、「来年の英国の経済成長は急速に減退・インフレ率も今後2年間に1.00%以下まで低下する可能性」という主旨のBOE四半期インフレ報告により下げが加速、他の通貨に対して大きく売り込まれ、その流れは先週末まで続きました、今週もポンドはじめ欧州通貨の下落が続くのか、それとも売られ過ぎによる反発の週になるのかに注目したいところです。
 今週はG20緊急サミット後の動向に注目です。これはまた後ほど記事にしようと思います。そして、今週の米国経済指標は、17日月曜日の11月NY州製造業業況指数、10月鉱工業生産、18日火曜日の10月生産者物価指数、 9月対米証券投資、19日水曜日の10月消費者物価指数、10月住宅着工件数、20日木曜日の11月フィラデルフィア連銀業況指数、10月景気先行指数などが予定されています。19日にはFOMC議事録も公表も控えています。17日、19日、21日に米FRBの幹部の講演も予定されていますので、一応気をつけておきたいところです。

 今日はG20緊急サミットが閉幕しましたので、今回のサミットのまとめのようなものをしたいと思います。今週は「FXの基礎知識」の方はお休みさせていただきます。

★続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 
 よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村・ブログランキング 


SEO対策:スワップSEO対策:外国為替