FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

FX、それはあなたに喜びをもたらすかもしれませんし、また、その反対かもしれません。

デイトレードで勝ち続けることはとても難しいことです、自信のある方のみが

挑戦されるとよいと思います。

一方リスク管理を徹底した低レバレッジ運用では遥かに株より安全簡単で

ほとんど負けることがないと私は思っています。

★管理人にご用の方はこちらからどうぞ

★お得なキャンペーン情報はこちらからどうぞ


FXで負けないために、ぜひ以下の記事をご覧ください。

★~初心者の方へ~
数多くの失敗をし苦しい思いをたくさんした私が、皆さんにはこういう苦しい思いをしてほしくないと思って書いた記事の数々です。特に初心者の方、ぜひご覧になって下さい。

★FXの基礎知識
FXを楽しむために必要な基礎知識を日曜日に少しずつUPしていってます。

トラコミュ FXの勘所




おはようございます。FX大好きママしましまです。


昨日は米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは大幅反落し、前日比-173.35ドルの25,962.44ドルで引けました。

今日の政策金利関連はFOMC議事録公表が予定されています。
今日の主な経済指標等は、加・7月消費者物価指数、米・7月中古住宅販売件数などの発表が予定されています。
米・7月中古住宅販売件数の市場予想は540万件です。
外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」のデイリーコメントは今日は私が当番となっておりますので、お時間ございましたらぜひご覧下さい。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

昨日はNYダウが4営業日ぶりに反落したことやポンペオ米国務長官の発言等を受けドルが弱い動きでドル円は106.17円まで下落も、FOMC議事録やパウエルFRB議長の講演が控えていることもあり値動きは小幅なものとなりました。

今日はFOMC議事録等に注目、ドルが引き続き弱めの流れとなるのかどうか見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

今日は、106円台維持できるかののドル円、小幅反発のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 
 よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト




おはようございます。FX大好きママしましまです。


先週16日に発表された米・7月住宅着工件数は市場予想125.7万件に対し結果119.1万件と予想より弱い結果に、7月建設許可件数は市場予想127.0万件に対し結果133.6万件と予想より強い結果に、米・8月ミシガン大学消費者態度指数・速報値は市場予想97.2に対し結果92.1と予想より弱い結果となりました。
NYダウは大幅続伸し、前日比+306.62ドルの25,886.01ドルで引けました。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

さて、今週の相場についてですが、今週はパウエルFRB議長の講演やFOMC議事録等に注目したいです。

今週の政策金利関連は20日にRBA議事録公表、21日にFOMC議事録公表、22日にECB理事会議事要旨公表が予定されています。
今週の主な経済指標等は、19日に欧州・7月消費者物価指数、21日に加・7月消費者物価指数、米・7月中古住宅販売件数、22日に米・新規失業保険申請件数、米・7月景気先行指標総合指数、23日にNZ・第2四半期小売売上高、日・7月全国消費者物価指数、加・6月小売売上高、米・7月新築住宅販売件数などの発表が予定されています。
また、23日にはパウエルFRB議長の講演が予定されています。

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

先週は13日にUSTRが中国製品に対する追加関税について「一部製品に対する発動を12月15日まで延期する」と発表したことでドルが買われドル円は107円手前まで上昇も、14日は景気後退への懸念の強まりからNYダウが800ドル下落するなどリスク回避の動きが進みドル円も105.65円まで下落、週末はリスク回避の巻き戻しの流れが優勢でドル円も106円台で落ち着いた値動きでした。
今週はパウエルFRB議長の講演やFOMC議事録等に注目、ドル円がどちらに動くか慎重に見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!

今日は、反発なるかのドル円、軟調な流れのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 
 よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →




おはようございます。FX大好きママしましまです。


先週9日に発表された米・7月生産者物価指数は、前月比+0.2%と市場予想通りの結果となりました。
NYダウは反落し、前日比-90.75ドルの26,287.44ドルで引けました。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

さて、今週の相場についてですが、今週は豪雇用統計や米・7月消費者物価指数、米・7月小売売上高等に注目したいです。

今週の主な経済指標等は、13日に独・7月消費者物価指数、英・7月失業保険申請件数/7月失業率、独・8月ZEW景況感調査、米・7月消費者物価指数、14日に独・第2四半期GDP、英・7月消費者物価指数、欧州・第2四半期GDP、15日に豪・7月新規雇用者数/7月失業率、英・7月小売売上高、米・新規失業保険申請件数、米・8月NY連銀製造業景気指数、米・7月小売売上高、米・8月フィラデルフィア連銀製造業景気指数、米・7月鉱工業生産、16日に米・7月住宅着工件数/7月建設許可件数、米・8月ミシガン大学消費者態度指数・速報値などの発表が予定されています。

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

先週は米中対立長期化への懸念や米大幅利下げへの思惑等からドルが軟調に推移し、週末9日にはトランプ米大統領の「9月の中国との会合はキャンセルの可能性もあり得る」などの発言を受けドル円は105.27円の安値を付けました。
今週は豪雇用統計や米・7月消費者物価指数、米・7月小売売上高等に注目、引き続きドル安の流れとなるかどうか見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!

今日は、105円台維持できるかのドル円、反発続くかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 
 よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →




おはようございます。FX大好きママしましまです。


先週2日に発表された米雇用統計は、7月非農業部門雇用者数は16.4万人と市場予想通りの結果に、7月失業率も3.7%と市場予想通りの結果となりました。
NYダウは続落し、前日比-98.41ドルの26,485.01ドルで引けました。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

さて、今週の相場についてですが、今週はRBA政策金利発表等に注目したいです。

今週の政策金利関連は6日にRBA政策金利発表、7日にRBNZ政策金利発表が予定されています。
今週の主な経済指標等は、5日に米・7月ISM非製造業景況指数、6日にNZ・第2四半期失業率、8日に米・新規失業保険申請件数、9日に日・第2四半期GDP、英・第2四半期GDP、英・6月鉱工業生産指数、加・7月新規雇用者数/7月失業率、米・7月生産者物価指数などの発表が予定されています。

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

先週は、FOMC後ドル買いが優勢となり1日にドル円は109.32円の高値を、ユーロドルは1.1027ドルの安値を付けるも、1日NY時間にトランプ米大統領が「9月1日から3000億ドル分の中国製品に10%の追加関税を課す」と発表したことから円高・ドル安の流れが強まり、週末2日にドル円は106.51円の安値を付けました。
今週は目立った注目材料はありませんが、先週後半からのドル安・円高の流れが続くのかどうか見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!

今日は、106円台へ大幅下落したドル円、反発できるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 
 よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →




おはようございます。FX大好きママしましまです。


先週26日に発表された米・第2四半期GDP・速報値は、市場予想前期比年率1.8%に対し結果前期比年率2.1%と予想より強い結果となりました。
NYダウは反発し、前日比+51.47ドルの27,192.45ドルで引けました。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

さて、今週の相場についてですが、今週はFOMC政策金利発表や米雇用統計、BOC政策金利発表、日銀政策金利発表等注目材料の多い週です。

2日発表の米雇用統計は、7月非農業部門雇用者数が17.0万人、7月失業率が3.7%の市場予想です。
前回は6月非農業部門雇用者数が市場予想16.0万人に対し結果22.4万人と予想より強い結果に、一方6月失業率は市場予想3.6%に対し結果3.7%と予想より弱い結果となりましたが、今回も非農業部門雇用者数が予想より強い結果となるかどうか注目されます。

今週の政策金利関連は30日に日銀政策金利発表、31日にFOMC政策金利発表、1日にBOE政策金利発表が予定されています。
米雇用統計以外の今週の主な経済指標等は、30日にNZ・6月住宅建設許可件数、豪・6月住宅建設許可件数、米・7月消費者信頼感指数、31日に豪・第2四半期消費者物価指数、欧州・第2四半期GDP・速報値、欧州・7月消費者物価指数、米・7月ADP雇用統計、加・5月GDP、米・7月シカゴ購買部協会景気指数、1日に米・新規失業保険申請件数、米・7月ISM製造業景況指数、2日に豪・第2四半期生産者物価指数、豪・6月小売売上高、米・6月貿易収支、米・7月ミシガン大学消費者態度指数・確報値などの発表が予定されています。

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

先週は、次回FOMCでの大幅利下げ観測が後退したこと等からドル買いが優勢となりドル円は108.83円まで上昇、ユーロドルは1.1102ドルの安値を付けました。
今週はFOMC政策金利発表や米雇用統計等に注目、注目材料が多い中ドル続伸となるかどうか見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!

今日は、109円台へ上昇できるかのドル円、1.11ドル台を維持できるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 
 よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →




おはようございます。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・6月耐久財受注は市場予想前月比0.7%に対し結果前月比2.0%、米・新規失業保険申請件数は市場予想21.9万件に対し結果20.6万件と共に予想より強い結果となりました。
NYダウは続落し、前日比-128.99ドルの27,140.98ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は米・第2四半期GDP・速報値の発表が予定されています。
米・第2四半期GDP・速報値の市場予想は前期比年率+1.8%です。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

昨日は、ECB声明が利下げを示唆するなど弱い内容となったことでユーロは売られユーロドルは1.1102ドルの安値を付けるも、その後ドラギECB総裁が会見で「本日は利下げの議論は無かった」等発言したことからユーロは買い戻されユーロドルは1.1188ドルまで大幅反発しました。
ドルは米経済指標の強い結果や米長期金利の上昇等から円に対し強い動きとなり、ドル円は108.76円の高値を付けました。

今日は米第2四半期GDP・速報値に注目、ドル円は109円を目指す動きとなれるか等見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

今日は、109円台へと上昇できるかのドル円、1.11ドル台を維持できるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 
 よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →




おはようございます。FX大好きママしましまです。


先週19日に発表された米・7月ミシガン大学消費者態度指数・速報値は、市場予想98.5に対し結果98.4と予想より弱い結果となりました。
NYダウは反落し、前日比-68.77ドルの27,154.20ドルで引けました。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

さて、今週の相場についてですが、今週はECB政策金利発表・米第2四半期GDP等に注目したいです。

今週の政策金利関連は25日にECB政策金利発表が予定されています。
今週の主な経済指標等は、23日に米・6月中古住宅販売件数、24日にNZ・6月貿易収支、米・6月新築住宅販売件数、25日に独・7月IFO企業景況感指数、米・6月耐久財受注、米・新規失業保険申請件数、26日に米・第2四半期GDP・速報値などの発表が予定されています。

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

先週は、大幅な動きはないものの次回FOMCでの大幅利下げ観測を受けドルは軟調に推移しドル円は18日に107.21円の安値を付けるも、週末19日は「米金融当局者らは今月のFOMCで0.25%の利下げを実施すると示唆」との報道等から大幅利下げ観測が後退しドルが反発しました。
今週はECB政策金利発表・米第2四半期GDP等に注目、今週も利下げ観測を受けドルが軟調推移となるかどうか見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!

今日は、108円台へ反発できるかのドル円、1.12ドル付近を維持できるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 
 よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →


SEO対策:スワップSEO対策:外国為替