FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

FX、それはあなたに喜びをもたらすかもしれませんし、また、その反対かもしれません。

デイトレードで勝ち続けることはとても難しいことです、自信のある方のみが

挑戦されるとよいと思います。

一方リスク管理を徹底した低レバレッジ運用では遥かに株より安全簡単で

ほとんど負けることがないと私は思っています。

★管理人にご用の方はこちらからどうぞ

★お得なキャンペーン情報はこちらからどうぞ


FXで負けないために、ぜひ以下の記事をご覧ください。

★~初心者の方へ~
数多くの失敗をし苦しい思いをたくさんした私が、皆さんにはこういう苦しい思いをしてほしくないと思って書いた記事の数々です。特に初心者の方、ぜひご覧になって下さい。

★FXの基礎知識
FXを楽しむために必要な基礎知識を日曜日に少しずつUPしていってます。

トラコミュ FXの勘所




おはようございます。FX大好きママしましまです。


先週27日に発表された米・3月ミシガン大学消費者態度指数・確報値は、市場予想90.0に対し結果89.1と予想より弱い結果となりました。
NYダウは大幅反落し、前日比-915.39ドルの21,636.78ドルで引けました。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

さて、今週の相場についてですが、今週は米雇用統計・米3月消費者信頼感指数・米3月ISM製造業景況指数等に注目したいです。

3日発表の米雇用統計は、3月非農業部門雇用者数が-10.0万人、3月失業率が3.8%の市場予想です。
前回は2月非農業部門雇用者数が市場予想17.5万人に対し結果27.3万人、2月失業率が市場予想3.6%に対し結果3.5%と共に予想より強い結果となりましたが、今回は非農業部門雇用者数がどの程度の悪化となるか注目されます。

今週の政策金利関連は1日にRBA議事録公表が予定されています。
米雇用統計以外の今週の主な経済指標等は30日に独・3月消費者物価指数、米・2月住宅販売保留指数、31日にNZ・2月住宅建設許可件数、英・第4四半期GDP、独・3月失業者数/3月失業率、欧州・3月消費者物価指数、加・1月GDP、米・3月シカゴ購買部協会景気指数、米・3月消費者信頼感指数、1日に日銀短観、豪・2月住宅建設許可件数、米・3月ADP雇用統計、米・3月ISM製造業景況指数、2日に米・2月貿易収支、米・新規失業保険申請件数、3日に豪・2月小売売上高、欧州・2月小売売上高、米・3月ISM非製造業景況指数などの発表が予定されています。

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

先週は2兆ドル規模の米景気対策法案への期待から株価が反発、リスク回避のドル買いの動きは弱まりました。
26日は米新規失業保険申請件数が328.3万件と予想を大きく上回る結果となりドル売りが進み、ドル円は107.59円の安値を、ユーロドルは1.1148ドルの高値を付けました。
今週は米雇用統計・米3月消費者信頼感指数・米3月ISM製造業景況指数等に注目、引き続き急変動に注意しながら今週の動きを見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!

今日は、107円台まで下落のドル円、反発続くかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 

よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト







おはようございます。FX大好きママしましまです。


昨日は米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは大幅続落し、前日比-582.05ドルの18,591.93ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は独・3月製造業購買担当者景気指数、独・3月サービス部門購買担当者景気指数、欧州・3月製造業購買担当者景気指数、欧州・3月サービス部門購買担当者景気指数、英・3月製造業購買担当者景気指数、英・3月サービス部門購買担当者景気指数、米・3月製造業購買担当者景気指数、米・2月新築住宅販売件数などの発表が予定されています。
米・3月製造業購買担当者景気指数は42.8、米・2月新築住宅販売件数は75.0万件の市場予想です。
外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」のデイリーコメントは今日は私が当番となっておりますので、お時間ございましたらぜひご覧下さい。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

昨日はFRBが緊急FOMCを開催、無制限の量的緩和策を導入することを決定したものの、NYダウはプラス圏に浮上できず前日比-582.05ドルの18,591.93ドルで引けました。
ドルはFRBの無制限量的緩和方針を受け売られる場面もあったものの、ドル円は底堅く推移し111.60円の高値を付け、他通貨に対しても強い流れは継続しました。
今日は米・3月製造業購買担当者景気指数、米・2月新築住宅販売件数等に注目、引き続き急変動に注意しながらドルが強い流れが続くのかどうか見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

今日は、112円台への上昇なるかのドル円、反発できるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 

よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →




おはようございます。FX大好きママしましまです。


先週20日に発表された米・2月中古住宅販売件数は、市場予想550万件に対し結果577万件と予想より強い結果となりました。
NYダウは大幅反落し、前日比-913.21ドルの19,173.98ドルで引けました。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

さて、今週の相場についてですが、今週はBOE政策金利発表や米新規失業保険申請件数、米2月耐久財受注等に注目したいです。

今週の政策金利関連は26日にBOE政策金利発表が予定されています。
今週の主な経済指標等は24日に米・2月新築住宅販売件数、25日にNZ・2月貿易収支、英・2月消費者物価指数、英・2月生産者物価指数、米・2月耐久財受注、26日に英・2月小売売上高、米・第4四半期GDP・確報値、米・新規失業保険申請件数、27日米・2月個人所得/2月個人消費支出、米・3月ミシガン大学消費者態度指数・確報値などの発表が予定されています。

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

先週は週明け16日早朝からFRBが緊急利下げを発表しドル安スタートとなるも、17日からはリスク回避のドル買いの流れとなり週後半はその流れが加速、ドル円は111.51円まで上昇しユーロドルは1.0638ドルと2017年4月以来の安値、ポンドドルは1.1412ドルと35年ぶりの安値を、オージードルは0.5508ドルと2002年以来の安値を付けました。
ドル円は上昇したもののクロス円は強いドル買いを受け下落しポンド円は124.06円、オージー円は59.91円の安値を付けました。
今週はBOE政策金利発表や米新規失業保険申請件数、米2月耐久財受注等に注目、引き続き急変動に注意しながら慎重に今週の動きを見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!

今日は、上昇続くかのドル円、続落となるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 

よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →




おはようございます。FX大好きママしましまです。


先週13日に発表された米・3月ミシガン大学消費者態度指数・速報値は、市場予想95.0に対し結果95.9と予想より強い結果となりました。
NYダウは大幅反発し、前日比+1985.00ドルの23,185.62ドルと過去最大の上げ幅で引けました。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

さて、今週の相場についてですが、今週は米・2月小売売上高や豪雇用統計等に注目したいです。

今週の政策金利関連は19日にSNB政策金利発表が予定されています。
今週の主な経済指標等は16日に米・3月ニューヨーク連銀製造業景気指数、米・1月対米証券投資、17日に豪・第4四半期住宅価格指数、英・2月失業保険申請件数/2月失業率、独・3月ZEW景況感調査、米・2月小売売上高、米・2月鉱工業生産、18日に欧州・2月消費者物価指数、加・2月消費者物価指数、米・2月住宅着工件数/2月建設許可件数、19日にNZ・第4四半期GDP、日・2月全国消費者物価指数、豪・2月新規雇用者数/2月失業率、米・3月フィラデルフィア連銀製造業景気指数、米・新規失業保険申請件数、米・2月景気先行指標総合指数、20日に加・1月小売売上高、米・2月中古住宅販売件数などの発表が予定されています。
また、16日正午から臨時の日銀金融政策決定会合が開催されます。

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

先週は新型コロナウイルスの感染拡大を受けNYダウが9日に約2000ドル、12日に2352ドルの暴落、日経平均も週末13日に一時17000円を割り込むなど大荒れの相場となりました。
ドル円は9日東京時間に101.50円台、NY時間に101.20円付近まで暴落しましたが、10日以降は不安定ながらもドル買いが優勢となり週末13日は108.51円の高値を付け108円で引けました。
ユーロドルは9日は上昇も10日以降は反落の流れとなりました。
本日はFRBが緊急利下げを発表、ドル円は一時105.70円台まで下落しましたが現在は107円台前半で推移しています。
今週は米・2月小売売上高や豪雇用統計等に注目、今週も急変動に注意しながら慎重に今週の動きを見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!

今日は、反発の動き続くかのドル円、大幅反落のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 

よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →




おはようございます。FX大好きママしましまです。


昨日は米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは大幅反発し、前日比+1167.14ドルの25,018.16ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、英・1月GDP、英・1月鉱工業生産指数、米・2月消費者物価指数などの発表が予定されています。
米・2月消費者物価指数の市場予想は前月比±0.0%です。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

昨日は、NYダウがトランプ政権の減税等の景気対策への期待や前日約2000ドルも下落した反動などから激しい変動をしながらも終値は前日比+1167.14ドルと1000ドルを超える大幅上昇となり、ドル円も上下に大きく振れながらもNY午後に105.92円の高値を付けました。一方、ユーロドルは大幅反落し、NY終盤には1.1275ドルの安値を付けました。
今日は米・2月消費者物価指数等に注目、今日も急変動に注意しながら、ドル反発の動きが続くかどうか等見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

今日は、105円台まで反発も上値重いドル円、今日も軟調な流れとなるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 

よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →




おはようございます。FX大好きママしましまです。


先週6日に発表された米雇用統計は、2月非農業部門雇用者数が市場予想17.5万人に対し結果27.3万人、2月失業率が市場予想3.6%に対し結果3.5%と共に予想より強い結果となりました。
NYダウは続落し、前日比-256.50ドルの25,864.78ドルで引けました。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

さて、今週の相場についてですが、今週はECB政策金利発表、米・2月消費者物価指数等に注目したいです。

今週の政策金利関連は12日にECB政策金利発表が予定されています。
今週の主な経済指標等は、9日に日・第4四半期GDP・改定値、独・1月鉱工業生産、10日に欧州・第4四半期GDP、11日に英・1月GDP、英・1月鉱工業生産指数、米・2月消費者物価指数、12日に欧州・1月鉱工業生産、米・2月生産者物価指数、米・新規失業保険申請件数、13日に独・2月消費者物価指数、米・3月ミシガン大学消費者態度指数・速報値などの発表が予定されています。

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

先週も新型コロナウイルスの感染拡大を受けリスクオフの流れとなりました。
先週3日G7財務相・中央銀行総裁は緊急の電話会議を開催し、新型コロナウイルスによる下振れリスクから経済を守るために、あらゆる適切な政策手段を用いるとする共同声明を発表しました。また、FRBが0.5%の緊急利下げを、RBAが0.25%、BOCが0.5%の利下げを発表しました。
ドルは緊急利下げ等を受け先週も売られ、ドル円は週末6日に105円付近まで下落、ユーロドルは1.1355ドルの高値を付けました。
今週はECB政策金利発表、米・2月消費者物価指数等に注目、今週もリスクオフの流れ、ドル売りが続くかどうか等見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!

今日は、105円台は維持できるかのドル円、上昇続くかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 

よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →




おはようございます。FX大好きママしましまです。


先週28日に発表された米・2月シカゴ購買部協会景気指数は市場予想45.9に対し結果49.0、米・2月ミシガン大学消費者態度指数・確報値は市場予想100.9に対し結果101.0と共に予想より強い結果となりました。
NYダウは大幅続落し、前日比-357.28ドルの25,409.36ドルで引けました。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

さて、今週の相場についてですが、今週は米雇用統計・RBA政策金利発表・米2月ISM製造業景況指数等に注目したいです。

6日発表の米雇用統計は、2月非農業部門雇用者数が17.5万人、2月失業率が3.5%の市場予想です。
前回は1月非農業部門雇用者数が市場予想16.0万人に対し結果22.5万人と予想より強い結果に、一方、1月失業率は市場予想3.5%に対し結果3.6%と予想より弱い結果となりましたが、今回も非農業部門雇用者数が予想より強い結果となるかどうか注目されます。

今週の政策金利関連は3日にRBA政策金利発表、4日にBOC政策金利発表が予定されています。
米雇用統計以外の今週の主な経済指標等は、2日に米・2月ISM製造業景況指数、3日に豪・1月住宅建設許可件数、欧州・2月消費者物価指数、4日にNZ・1月住宅建設許可件数、豪・第4四半期GDP、欧州・1月小売売上高指数、米・2月ADP雇用統計、米・2月ISM非製造業景況指数、ベージュブック、5日に米・新規失業保険申請件数、6日に豪・1月小売売上高、加・2月新規雇用者数/2月失業率、米・1月貿易収支などの発表が予定されています。

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

先週は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けリスクオフの流れが加速しNYダウの週間下げ幅は過去最大の3583.05ドル、下落率は2008年以来の12.4%となりました。
ドル円も大幅下落し週末28日には107.51円の安値を付け、ユーロ円は118.38円まで下落、ポンド円は137.54円まで大幅下落し、オージー円は70円を割り込む下落となり69.38円と2009年4月以来の安値を付けました。
今週は米雇用統計・RBA政策金利発表・米2月ISM製造業景況指数等に注目、今週もまた新型コロナウイルス関連の報道には注意しながら、リスクオフの流れが続くかどうか等見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!

今日は、107円台へと大幅下落のドル円、反発続くかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 

よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →


SEO対策:スワップSEO対策:外国為替