FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

FX、それはあなたに喜びをもたらすかもしれませんし、また、その反対かもしれません。

デイトレードで勝ち続けることはとても難しいことです、自信のある方のみが

挑戦されるとよいと思います。

一方リスク管理を徹底した低レバレッジ運用では遥かに株より安全簡単で

ほとんど負けることがないと私は思っています。

★管理人にご用の方はこちらからどうぞ

★お得なキャンペーン情報はこちらからどうぞ


FXで負けないために、ぜひ以下の記事をご覧ください。

★~初心者の方へ~
数多くの失敗をし苦しい思いをたくさんした私が、皆さんにはこういう苦しい思いをしてほしくないと思って書いた記事の数々です。特に初心者の方、ぜひご覧になって下さい。

★FXの基礎知識
FXを楽しむために必要な基礎知識を日曜日に少しずつUPしていってます。

トラコミュ FXの勘所




おはようございます。FX大好きママしましまです。


先週12日に発表された米・6月卸売物価指数は、市場予想前月比0.0%に対し結果前月比0.1%と予想より強い結果となりました。
NYダウは前日比+243.95ドルの27,332.03ドルと連日最高値を更新しました。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

さて、今週の相場についてですが、今週は米・6月小売売上高や豪雇用統計等に注目したいです。

今週の政策金利関連は16日にRBA議事録公表が予定されています。
今週の主な経済指標等は、15日に米・7月NY連銀製造業景気指数、16日にNZ・第2四半期消費者物価指数、英・6月失業保険申請件数/6月失業率、独・7月ZEW景況感調査、米・6月小売売上高、米・6月鉱工業生産、17日に英・6月消費者物価指数、英・6月卸売物価指数、欧州・6月消費者物価指数、加・6月消費者物価指数、米・6月住宅着工件数/6月建設許可件数、ベージュブック、18日に豪・6月新規雇用者数/6月失業率、英・6月小売売上高、米・7月フィラデルフィア連銀製造業景気指数、米・新規失業保険申請件数、米・6月景気先行指標総合指数、19日に日・6月全国消費者物価指数、加・5月小売売上高、米・7月ミシガン大学消費者態度指数・速報値などの発表が予定されています。

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

先週前半は今月5日の米雇用統計の予想より強い結果を受け過度な米利下げ観測が後退したことからドルが底堅く推移するも、10日はパウエルFRB議長の議会証言の内容からドル売りが強まる動きに、11日は米6月消費者物価指数の強い結果からドルが反発するも、週末12日は米長期金利の低下等からドルは軟調な流れでドル円は108円を割り込んで引けました。

今週は米・6月小売売上高や豪雇用統計等に注目、今週も利下げ観測を受けドルが軟調推移となるかどうか見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!

今日は、108円台へ反発できるかのドル円、小幅反発も上値重いユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 
 よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト




おはようございます。FX大好きママしましまです。


先週5日に発表された米雇用統計は、6月非農業部門雇用者数は市場予想16.0万人に対し結果22.4万人と予想より強い結果に、一方6月失業率は市場予想3.6%に対し結果3.7%と予想より弱い結果となりました。
NYダウは反落し、前日比-43.88ドルの26,922.12ドルで引けました。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

さて、今週の相場についてですが、今週はFOMC議事録・米6月消費者物価指数等に注目したいです。

今週の政策金利関連は10日にBOC政策金利発表、FOMC議事録公表が予定されています。
今週の主な経済指標等は、8日に独・5月鉱工業生産、10日に英・5月GDP、英・5月鉱工業生産指数、11日に独・6月消費者物価指数、米・6月消費者物価指数、米・新規失業保険申請件数、12日に欧州・5月鉱工業生産、米・6月卸売物価指数などの発表が予定されています。
また、今週10・11日にはパウエルFRB議長の議会証言が予定されています。

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

先週は米中首脳会談の進展を受け円売りスタートとなったものの、その流れは続かず米債利回りの低下等からドル円は再び107円台へ下落し軟調な流れとなりました。
週末5日は米雇用統計の予想より強い結果を受け米利下げ観測は後退、ドル買いの動きとなりドル円は108.64円の高値を、ユーロドルは1.1208ドルの安値を付けました。

今週はFOMC議事録、米6月消費者物価指数、パウエルFRB議長の議会証言等に注目、今週もドル買い優勢となるかどうか見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!

今日は、109円台へと上昇できるかどうかのドル円、1.12ドル台維持できるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 
 よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →




おはようございます。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・6月ISM製造業景況指数は、市場予想51.0に対し結果51.7と予想より強い結果となりました。
NYダウは続伸し、前日比+117.47ドルの26,717.43ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、独・5月小売売上高指数、英・6月建設業購買担当者景気指数などの発表が予定されています。
今日の政策金利関連はRBA政策金利発表が予定されています。
外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」のデイリーコメントは今日は私が当番となっておりますので、お時間ございましたらぜひご覧下さい。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

昨日は、先週末の米中首脳会談での米中貿易交渉再開や中国への追加関税の先送りの合意が好感されリスクオンでのスタートとなりドル円は上に窓を空け108円台前半で推移しました。
ユーロドルはNY時間1.13ドルを割り込み1.1280ドル台まで下落する弱い動きに、ユーロ円も122.30円台まで下落しました。

今日は米経済指標の発表はありませんが、ドル円は108円台を維持する底堅い動きとなるか、ユーロが弱い流れが続くのかどうかなど見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

今日は、108円台で底堅く推移するドル円、1.12ドル台へ下落のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 
 よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →




おはようございます。FX大好きママしましまです。


先週28日に発表された米・6月シカゴ購買部協会景気指数は、市場予想53.1に対し結果49.7と予想より弱い結果となりました。
NYダウは反発し、前日比+73.38ドルの26,599.96ドルで引けました。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

さて、今週の相場についてですが、今週は米雇用統計等に注目したいです。

5日発表の米雇用統計は、6月非農業部門雇用者数が16.3万人、6月失業率が3.6%の市場予想です。
前回は5月非農業部門雇用者数が市場予想18.5万人に対し結果7.5万人と予想より大幅に弱い結果に、5月失業率は市場予想通り3.6%となりましたが、今回は非農業部門雇用者数が予想より強い結果となるかどうか注目されます。

今週の政策金利関連は2日にRBA政策金利発表が予定されています。
米雇用統計以外の今週の主な経済指標等は、1日に日銀短観、米・6月ISM製造業景況指数、2日に独・5月小売売上高指数、3日に豪・5月住宅建設許可件数、豪・5月貿易収支、米・5月貿易収支、米・6月ADP雇用統計、米・新規失業保険申請件数、米・6月ISM非製造業景況指数、4日に豪・5月小売売上高、5日に加・6月新規雇用者数/6月失業率などの発表が予定されています。

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

先週は週末にG20首脳会議・米中首脳会談を控え動きづらい中、ドル円は前半は米利下げ観測等から106円台後半まで下落しましたが、後半は米中首脳会談への期待感の高まりなど受け108円台前半まで上昇しました。

今週は米雇用統計等に注目、今日は米中首脳会談の進展を受け円売りスタートとなっていますが、今週この流れがが続くのかどうか見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!

今日は、108円台維持できるかのドル円、1.13ドル台中盤で推移のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 
 よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →




おはようございます。FX大好きママしましまです。


先週21日に発表された米・5月中古住宅販売件数は、市場予想525万件に対し結果534万件と予想より強い結果となりました。
NYダウは反落し、前日比-34.04ドルの26,719.13ドルで引けました。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

さて、今週の相場についてですが、今週はG20首脳会議・米中首脳会談等に注目したいです。

今週の政策金利関連は26日にRBNZ政策金利発表が予定されています。
今週の主な経済指標等は、24日に独・6月IFO企業景況感指数、25日にNZ・5月貿易収支、米・5月新築住宅販売件数、米・6月消費者信頼感指数、26日に米・5月耐久財受注、27日に米・第1四半期GDP・確定値、米・新規失業保険申請件数、28日に英・第1四半期GDP・改定値、欧州・6月消費者物価指数、加・4月GDP、米・6月シカゴ購買部協会景気指数などの発表が予定されています。
また、28・29日にはG20首脳会議・米中首脳会談が開催されます。

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

先週はFOMCの結果を受け米10年債利回りが低下、利下げ期待の高まり等からドルは後半他通貨に対し弱い動きとなりドル円107.05円の安値を付け、ユーロドルは1.1378ドルの高値を付けました。

今週はG20首脳会議・米中首脳会談等に注目、今週もドル売り基調が続くのかどうか見たいです。
では、今週も頑張りましょう!

今日は、107円台前半まで下落のドル円、1.13ドル台へと大幅反発のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 
 よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →




おはようございます。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・5月住宅着工件数は市場予想124.0万件に対し結果126.9万件、米・5月建設許可件数は市場予想129.3万件に対し結果129.4万件とともに予想より強い結果となりました。
NYダウは大幅続伸し、前日比+353.01ドルの26,465.54ドルで引けました。

今日の政策金利関連はFOMC政策金利発表が予定されています。
今日の主な経済指標等は、英・5月消費者物価指数、加・5月消費者物価指数などの発表が予定されています。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

昨日は東京・欧州時間はリスク回避的な流れとなりドル円は108.20円付近まで下落、NY時間は新潟県で最大震度6強などの地震が起こったことを受け108.06円の安値を付けるも、その後トランプ大統領が「習主席ととても良い電話会談をした。G20に合わせ、習主席とは時間をかけて会談する」などツイートしたことからドル円は108.68円まで上昇し、NYダウは前日比+353.01ドルと大幅高で引けました。
ユーロはドラギECB総裁の「見通しが改善しなければ、追加緩和が必要に」などの発言等から欧州時間に急落しNY時間も軟調な値動きでした。

今週はFOMC政策金利発表に注目、FOMC後大きな動きとなるのか、今日は様子見でFOMC後の流れを見たいです。
では、今日も頑張りましょう!

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

今日は、108円台での値動き続くドル円、1.11ドル台後半へ下落のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 
 よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →




おはようございます。FX大好きママしましまです。


先週14日に発表された米・5月小売売上高は市場予想前月比0.6%に対し結果前月比0.5%、米・6月ミシガン大学消費者態度指数・速報値は市場予想98.0に対し結果97.9とともに予想より弱い結果となりました。
NYダウは小幅反落し、前日比-17.16ドルの26,089.61ドルで引けました。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

さて、今週の相場についてですが、今週はFOMC政策金利発表や日銀金融政策決定会合・BOE政策金利発表等に注目したいです。

今週の政策金利関連は18日にRBA議事録公表、19日にFOMC政策金利発表、20日に日銀金融政策決定会合、BOE政策金利発表が予定されています。
今週の主な経済指標等は、17日に米・6月NY連銀製造業景気指数、18日に豪・第1四半期住宅価格指数、独・6月ZEW景況感調査、米・5月住宅着工件数/5月建設許可件数、19日に英・5月消費者物価指数、加・5月消費者物価指数、20日にNZ・第1四半期GDP、英・5月小売売上高、米・新規失業保険申請件数、米・6月フィラデルフィア連銀製造業景気指数、21日に日・5月全国消費者物価指数、加・4月小売売上高、米・5月中古住宅販売件数などの発表が予定されています。

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

先週はドル円は週を通じ108円台での小幅な値動き、ユーロドルは後半軟調で1.12ドル手前まで下落しました。
ポンドやオージーも対米ドル・対円ともに軟調な動きで、ポンドドルは1.2580ドル、オージードルは0.6861ドルの安値を付けました。

今週はFOMC政策金利発表や日銀金融政策決定会合・BOE政策金利発表等に注目、FOMC後の流れを慎重に見たいです。
では、今週も頑張りましょう!

今日は、108円台で小動きのドル円、1.12ドル手前まで下落のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 
 よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →


SEO対策:スワップSEO対策:外国為替