FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

FX、それはあなたに喜びをもたらすかもしれませんし、また、その反対かもしれません。

デイトレードで勝ち続けることはとても難しいことです、自信のある方のみが

挑戦されるとよいと思います。

一方リスク管理を徹底した低レバレッジ運用では遥かに株より安全簡単で

ほとんど負けることがないと私は思っています。

★管理人にご用の方はこちらからどうぞ

★お得なキャンペーン情報はこちらからどうぞ


FXで負けないために、ぜひ以下の記事をご覧ください。

★~初心者の方へ~
数多くの失敗をし苦しい思いをたくさんした私が、皆さんにはこういう苦しい思いをしてほしくないと思って書いた記事の数々です。特に初心者の方、ぜひご覧になって下さい。

★FXの基礎知識
FXを楽しむために必要な基礎知識を日曜日に少しずつUPしていってます。

トラコミュ FXの勘所




おはようございます。FX大好きママしましまです。


先週12日に発表された米・2月ミシガン大学消費者態度指数・速報値は、市場予想80.8に対し結果76.2と予想より弱い結果となりました。
NYダウは反発し、前日比+27.70ドルの31,458.40ドルで引けました。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

さて、今週の相場についてですが、今週はFOMC議事録公表や米1月小売売上高等が予定されています。

今週の政策金利関連は、16日にRBA議事録公表、17日にFOMC議事録公表が予定されています。
今週の主な経済指標等は15日に日・第4四半期GDP、欧州・12月鉱工業生産、16日に独・2月ZEW景況感調査、欧州・2月ZEW景況感調査、欧州・第4四半期GDP、米・2月NY連銀製造業景気指数、米・12月対米証券投資、17日に英・1月消費者物価指数、米・1月卸売物価指数、米・1月小売売上高、加・1月消費者物価指数、米・1月鉱工業生産、18日に豪・1月新規雇用者数/1月失業率、米・新規失業保険申請件数、米・1月住宅着工件数/1月建設許可件数、米・2月フィラデルフィア連銀製造業景気指数、欧州・2月消費者信頼感指数、19日にNZ・第4四半期卸売物価指数、日・1月全国消費者物価指数、豪・1月小売売上高、英・1月小売売上高、加・12月小売売上高、米・1月中古住宅販売件数などの発表が予定されています。

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

先週は再びドル売りの流れが優勢でドル円は10日に104.41円まで下落しユーロドルは11日に1.2150ドルまで上昇しました。
週末12日はドル円は105.18円まで反発、ユーロドルはNY時間1.2082ドルまで下落もその後1.21ドル台へ反発する底堅い動きでした。
今週はFOMC議事録公表や米1月小売売上高等に注目、ドル円は再び105円台中盤上抜けをトライしてくるのか等見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!

今日は、105円台中盤を超えられるかのドル円、底堅い流れのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。

続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 

よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト







おはようございます。FX大好きママしましまです。


先週19日に発表された米・1月中古住宅販売件数は、市場予想660万件に対し結果669万件と予想より強い結果となりました。
NYダウは反発し、前日比+0.98ドルの31,494.32ドルで引けました。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

さて、今週の相場についてですが、今週はパウエルFRB議長の議会証言や米第4四半期GDP・改定値、米1月耐久財受注等が予定されています。

今週の政策金利関連は、24日にRBNZ政策金利発表が予定されています。
今週の主な経済指標等は22日に独・2月IFO企業景況感指数、米・1月景気先行指標総合指数、23日にNZ・第4四半期小売売上高指数、英・1月失業保険申請件数/1月失業率、欧州・1月消費者物価指数、米・12月ケース・シラー米住宅価格指数、米・2月消費者信頼感指数、24日に独・第4四半期GDP、米・1月新築住宅販売件数、25日に米・新規失業保険申請件数、米・第4四半期GDP・改定値、米・1月耐久財受注、米・1月住宅販売保留、26日にNZ・1月貿易収支、米・1月個人所得/1月個人消費支出、米・2月シカゴ購買部協会景気指数、米・2月ミシガン大学消費者態度指数・確報値などの発表が予定されています。
また、今週は23・24日にパウエルFRB議長の議会証言が予定されています。

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

先週は前半はリスク選好の円売り・ドル売りの流れ優勢、中盤はその調整の動き、後半はドル売り優勢の流れとなりました。
ドル円は17日に106.23円の高値を付けるも週後半は105円台前半まで下落、ユーロドルは17日に1.2023ドルの安値を付けるも1.21ドル台に回復して1.2119ドルで引けました。ポンドやオージーは週後半ドルに対し堅調、クロス円も上昇しポンド円は148.16円、オージー円は83.16円の高値を付けました。
今週はパウエルFRB議長の議会証言や米第4四半期GDP・改定値、米1月耐久財受注等に注目、ドル売り・円売り基調が続くか見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!

今日は、106円台まで上昇も反落のドル円、反発続くかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。

続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 

よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →




おはようございます。FX大好きママしましまです。

昨日は米経済指標の発表はありませんでした。
昨日はプレジデントデーのため米株式市場は休場でした。

今日の政策金利関連はRBA議事録公表が予定されています。
今日の主な経済指標等は独・2月ZEW景況感調査、欧州・2月ZEW景況感調査、欧州・第4四半期GDP、米・2月NY連銀製造業景気指数、米・12月対米証券投資などの発表が予定されています。
米・2月NY連銀製造業景気指数の市場予想は6.3です。
外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」のデイリーコメントは今日は私が当番となっておりますので、お時間ございましたらぜひご覧下さい。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

昨日は米国がプレジデントデーのため休場も、株価や原油先物の上昇等を受けリスク選好の円売りの流れとなりドル円は105.42円まで上昇、ユーロ円は127.98円、ポンド円は146.64円、オージー円は82.05円の高値を付けました。
今日は米・2月NY連銀製造業景気指数等に注目、ドル円・クロス円の上昇続くか等見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

今日は、105円台中盤を超えられるかのドル円、底堅い動きのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 

よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →




おはようございます。FX大好きママしましまです。


先週5日に発表された米雇用統計は、1月非農業部門雇用者数が市場予想5.0万人に対し結果4.9万人と予想より弱い結果に、1月失業率が市場予想6.7%に対し結果6.3%と予想より強い結果となりました。
NYダウは続伸し、前日比+92.38ドルの31,148.24ドルで引けました。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

さて、今週の相場についてですが、今週は米1月消費者物価指等が予定されています。

今週の主な経済指標等は8日に独・12月鉱工業生産、10日に独・1月消費者物価指数、米・1月消費者物価指数、11日に米・新規失業保険申請件数、12日に英・12月GDP、英・12月鉱工業生産指数、英・第4四半期GDP、米・2月ミシガン大学消費者態度指数・速報値などの発表が予定されています。
また、10日にはパウエルFRB議長の講演が予定されています。

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

先週はドル高の流れが進み、ドル円は105.77円まで上昇、ユーロドルは1.20ドルを割り込み1.1952ドルまで下落しました。
米雇用統計の発表後はドルが反落しドル円は105.40円、ユーロドルは1.2049ドルで引けました。
今週は米1月消費者物価指等に注目、ドル円は105円台中盤をしっかり抜け106円台へ上昇できるかどうかなど見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!

今日は、106円台を付けることができるかのドル円、週末反発も続落警戒のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。

続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 

よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →




おはようございます。FX大好きママしましまです。


昨日は米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは大幅続伸し、前日比+475.57ドルの30,687.48ドルで引けました。

今日の主な経済指標等はNZ・第4四半期失業率、豪・12月住宅建設許可件数、欧州・1月消費者物価指数、米・1月ADP雇用統計、米・1月ISM非製造業景況指数などの発表が予定されています。
米・1月ADP雇用統計は4.9万人、米・1月ISM非製造業景況指数は56.8の市場予想です。
外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」のデイリーコメントは今日は私が当番となっておりますので、お時間ございましたらぜひご覧下さい。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

昨日はNYダウが前日比+475.57ドルと大幅続伸、ドル買いの流れも継続しドル円は105.18円の高値を付けユーロドルは1.2012ドルの安値を、豪ドルも対米ドルで0.7564ドルの安値を付けました。
今日は米1月ADP雇用統計・米1月ISM非製造業景況指数等に注目、ドル円は105円台へしっかり乗せることができるかなど見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

今日は、105円台に定着できるかのドル円、上値も重い動きのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。

続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 

よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →




おはようございます。FX大好きママしましまです。


先週29日に発表された米・1月シカゴ購買部協会景気指数は市場予想58.5に対し結果63.8と予想より強い結果に、米・1月ミシガン大学消費者態度指数・確報値は市場予想79.2に対し結果79.0と予想より弱い結果となりました。
NYダウは大幅反落し、前日比-620.74ドルの29,982.62ドルで引けました。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

さて、今週の相場についてですが、今週は米雇用統計やRBA・BOE政策金利発表等が予定されています。

5日発表の米雇用統計は、1月非農業部門雇用者数が5.0万人、1月失業率が6.7%の市場予想です。
前回は12月非農業部門雇用者数が市場予想7.1万人に対し結果-14.0万人と予想より弱い結果に、12月失業率が市場予想6.8%に対し結果6.7%と予想より強い結果となりましたが、今回は非農業部門雇用者数が予想より強い結果となるか注目されます。

今週の政策金利関連は2日にRBA政策金利発表、4日にBOE政策金利発表が予定されています。
米雇用統計以外の今週の主な経済指標等は1日に独・12月小売売上高指数、米・1月ISM製造業景況指数、2日に欧州・第4四半期GDP、3日にNZ・第4四半期失業率、豪・12月住宅建設許可件数、欧州・1月消費者物価指数、米・1月ADP雇用統計、米・1月ISM非製造業景況指数、4日にNZ・12月住宅建設許可件数、欧州・12月小売売上高、米・新規失業保険申請件数、5日に加・1月新規雇用者数/1月失業率、米・12月貿易収支などの発表が予定されています。

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

先週はドル円は週後半上昇し週末29日には104.94円の高値を付ける強い動きに、ユーロやポンドはドルに対し底堅い動きだったためユーロ円は127.34円、ポンド円は143.96円の高値を付ける堅調な流れでした。
オージーは対米ドルで弱い動きとなり28日に0.7592ドルの安値を付け、対円でも28日に79.20円の安値を付けるもドル円の上昇もあり週末29日は80.65円の高値を付けました。
今週は米雇用統計やRBA・BOE政策金利発表等に注目、ドル円は105円台へ上昇できるかなど見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!

今日は、105円台に上昇できるかのドル円、底堅さあるものの上値も重い動きとなるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。

続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 

よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →




おはようございます。FX大好きママしましまです。


先週22日に発表された米・12月中古住宅販売件数は市場予想655万件に対し結果676万件と予想より強い結果となりました。
NYダウは続落し、前日比-179.03ドルの30,996.98ドルで引けました。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

さて、今週の相場についてですが、今週はFOMC政策金利発表や米第4四半期GDP等が予定されています。

今週の政策金利関連は27日にFOMC政策金利発表が予定されています。
今週の主な経済指標等は25日に独・1月IFO企業景況感指数、26日に英・12月失業保険申請件数/12月失業率、米・11月ケース・シラー米住宅価格指数、米・1月消費者信頼感指数、27日に豪・第4四半期消費者物価指数、米・12月耐久財受注、28日にNZ・12月貿易収支、独・1月消費者物価指数、米・新規失業保険申請件数、米・第4四半期GDP・速報値、米・12月景気先行指標総合指数、米・12月新築住宅販売件数、29日に豪・第4四半期卸売物価指数、独・第4四半期GDP、独・1月失業者数/1月失業率、加・11月GDP、米・12月個人所得/12月個人消費支出、米・第4四半期雇用コスト指数、米・1月シカゴ購買部協会景気指数、米・12月住宅販売保留指数、米・1月ミシガン大学消費者態度指数・確報値などの発表が予定されています。

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

先週はバイデン氏が第46代大統領に就任、米国株は週後半下落も20日には史上最高値を更新するなど堅調な流れとなりました。
ドルは全体的に軟調な流れとなりドル円は103.30円台~104.10円で推移、ユーロドルは1.2190ドル、ポンドドルは1.3746ドルの高値を付けました。
今週はFOMC政策金利発表や米第4四半期GDP等に注目、ドルの上値重い流れはまだ長く継続するか見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!

今日は、104円台に上昇できないドル円、反発の流れ継続するかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。

続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 

よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →


SEO対策:スワップSEO対策:外国為替